iPhone昇天

青空

毎日暑いですよね。私は南方系なので飲み水さえ十分にあれば暑い中でも長時間活動できるけど、iPhone SE(第二世代)はそうではないようで、炎天下で使ってたら温度計マークが表示されました。本体の温度が一定以上に上がると出るやつです。

まあ、この現象は過去にも経験してたのでiPhoneを日陰に置いて様子を見ていたら、しばらくして自動的に再起動。十分に冷めたのかと思い、もう一度使い始めたら数分後に再度温度計マークが表示され、それが消えたらうんともすんとも言わなくなりました。

試しにモバイルバッテリーに接続してもバッテリーの残量が減らないので、電源関連の機能が故障したみたいです。残念。

これがバッテリーがイカれただけなら交換キットが売ってるので自力で対処できそうだけど、だったらバッテリーの減りは速いにしても起動はするはずです。

で、とりあえず眠っていたiPhone 6 Plusを引っ張り出してきてSIMを移植。これで電話は使えるようになったけど、PASMOやQUICPayには非対応だし、Pokémon GOもとっくにサポート外で動きません。

さてどうしたものか。まずアップルストアに持ち込んで修理見積もりを貰い、お値段次第ではiPhone SE(第3世代)を買い直すのがいいのかな。円安で6万円以上しているけど、今さらiPhoneなしの生活には戻れないものな。Android機に乗り換える気にもなならいし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。