使い勝手 > 機能

XORは修正の前と後の二つのPDFを比較するアプリ(Mac/Windows)で、以下の確認に効果的です。

  • どこが変わったか?
  • その変更は正しい修正か?
  • 修正漏れがないか?
  • 無用な変更が紛れていないか?

これらをプリントアウトした校正紙を使って目視でやれば、やたらと時間がかかってしまいます。

PDFの差分を比較するアプリは世の中にいくつも存在しているけど、XORのセールスポイントは

「他のどの同類アプリよりも簡単に使えて、軽快に動作する」

です。

使い勝手>機能

そう、アプリも目的を遂げるための道具に他ならず、道具には使い勝手がとても重要です。

例えばゴルフのクラブはブランドやお値段、カタログのスペック、他者による評判などよりも、自身とのフィーリングの方がスコアに影響するのではないでしょうか。私はゴルフをやらないので想像ですが。

あるいはマラソンの高速シューズも利用者を選ぶと言われ、好成績を達成するには相応の筋力なり技量が必要とされるようです。よって、水準に達していない人が使えば、かえって成績が落ちたり、体を痛めかねません。

これらはアプリに関しても言えます。どんなに多機能でも使いこなすのが難しかったり動作が重ければ満足な成果は上げにくいものです。

また、PDFの差分を的確に見つけてくれても、比較結果のレポートが難解だったり紛らわしければ、やはり作業効率が落ちてしまいます。アプリ側が万全でも、技量が伴わないユーザーはミスしかねません。

そのためXORは、誰でも簡単に使いこなせるよう機能を最小限に抑え、比較結果も単純明快で、かつ軽快に動作するように開発しました。

使い方の勉強も要らず、誰もが迷わず使えて、サクサク動き、待ち時間もないアプリなら、高度で多機能なアプリを背伸びして使う、あるいは動作が重たいアプリを忍耐強く使うよりも成果を達成しやすいはずです。

なお、「お値段も最安」と言いたいところだけど、Adobe Acrobat Proのサブスクリプションが月額1,738円(税込)なのでXORの方が262円だけ高価。それでもかなりお安い水準ですが。

XORには1ヶ月の無料試用期間があるので、ぜひお試しください。

App icon of the XOR

XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

Acrobat Proが進化していた!

先日、関西方面の印刷会社の経営者の方とお話しする機会があり、その流れで制作スタッフの方にXORを試用していただきました。

結果、先方のレスポンスは「導入ずみのAdobe Acrobat Pro DCにもほぼほぼ同じ機能がある。付箋(注釈)がつけられる分だけAcrobat Proの方がいいかも」とのことでした。そうなのか

そこで改めてこちらのテストデータを最新のAcrobat ProのPDFにかけてみました。

サンプルPDFのサムネイル
クリックでzipファイルをダウンロード

設定が「自動検出」のままの比較では相変わらずフォントの違いを見逃すものの、設定を「スキャンした文書、画像、イラスト」に変更してから実行してやれば、そちらも見つけてくれました。以前のバージョンではそうではなかった気がするのでAcrobat ProのPDF比較も着実に進歩しているようです。素晴らしい。

Acrobat ProはAdobe Creative Cloudに含まれるし、単体でも月1,580円(税抜)のサブスクリプションで利用できるので、これで事足りるなら、わざわざXOR(サブスク費が262円高い)を導入すべき理由はなさそうに思えます。そう、事足りるなら。

気になったので手元の他のPDFをあれこれAcrobat ProのPDF比較にかけてみたところ、全130ページ4色のPDFどうしだと比較開始後に途中まで解析してアプリが落ちました。何度やっても同じです。理由はわかりません。メモリ16GBのMacBook Air(2018)では非力なのかも。とはいえもっと高性能なMacやWin PCを私はは持っていません。しかたなく比較するページ範囲を10ページに絞って再度試してみたものの、やはり落ちます。比較ページを限定しても一旦PDF全体を解析にいくのかもしれません。

また、QRコードの比較では差異を大量に発見してくれます。全体で一つの画像とは認識しないようです。

AcrobataによるQRコードの比較結果
AcrobataによるQRコードの比較結果の切り出し

そう、Illustratorで作成された画像の類いに関しては、違いがないのに違っていると報告しがちなのもAcrobat Proの厄介なところです。「いつものように過剰報告だろうとタカを括ったら、実は無用な変更が生じていた」なんてことが起きてしまうので。

それに、PDF比較がうまくいった場合でも、Acrobat Proの比較結果レポートの画面は動作が重いのですよね。特にスクロールはちびちびとしか動きません。

他にも不具合を見つけたけど、ここでは言及しないでおきます。総合的にはAcrobat Proはとても素晴らしいアプリです。

というわけで、XORにも「Acrobat Proと比べて、どちらがいいかは好き好き」と言えるぐらいには存在意義があることを再確認できました。

XORのアピールポイントは以下です。

1. 簡単操作

XORの比較はスペースキーを押すだけ。PDFの特徴に合わせて設定を調整する必要はありません。

比較結果も単純明快です。そもそもXORは校正紙を用いた「めくり合わせ(ペラペラ、アオリなどとも呼ばれる)」のシミュレートなので、差異も見た目で直感的に把握できます。表示された差異を人が見逃せばそれまでですが

2. リアルタイム比較

XORではスペースキーを押すと比較結果がすぐに表示されます。比較開始の操作の後、結果の表示までに長々と待たされることはありません。

3. 軽快動作

XORでは比較結果を表示した後の拡大表示やスクロールも軽快に動きます。

XORがどんな感じで動作するか、まだご存知ない方はこちらの動画をご覧ください。

また、XORには1ヶ月の無料試用期間があるので、ぜひお試しください。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

このアプリを紹介してください

XORは月額2,000円で使えるサブスクリプション提供のPDF比較アプリ(初月無料試用期間)です。このアプリを同僚や同業他社の知り合いにご紹介していただけないでしょうか?

もしくはプロモーションに有効そうな手立てを、どうかご教授いただきたく思います。

印刷業は一般的に薄利多売のビジネス。無い袖は振れず、設備投資にも慎重にならざるを得ないためか、いまだにPDF比較アプリを導入せずにプリントアウトした校正紙ベースの校正を行っている制作者も多いと伺っています。でも、それでは人件費が嵩み、精度の個人差も出やすくなります。

とはいえ、小規模制作会社や個人事業主的な制作者は高価なPDF比較アプリの導入も難しいでしょう。

圧倒的な普及率を誇るAcrobat ProにもPDF比較機能はあるものの、その比較はうまくいく時もいかない時もあるので、あまり信頼がおけません。

よって「コスト面で誰もが無理なく導入できて、かつ新旧PDFの変更箇所を100%見つけてくれるアプリがあれば、きっと受け入れらえる」と思ってXORを開発、リリースしたのですが、正直なところ十分な手応えをまだ得られていません。潜在的な需要は大きいはずなのに、導入数が伸びないということは、必要な人にこのアプリの存在や有益性の情報が届いていないのでしょう。

そこで、このblogにたどり着いた制作者の方に改めてお願いします。XORを同僚や他社の知り合いにご紹介していただけないでしょうか?

もしくはXORのプロモーションに有効そうな手立てを、どうかご教授いただけないでしょうか?

XORには新機能のアイディアがたくさん残っています。それらが実装されるたびに校正が少しずつ楽になるはずですが、その実現には追加開発への原資が必要です。

何卒よろしくお願いいたします。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

Acrobatの弱点を絶妙に補うアプリ

動画「Acrobatの弱点を絶妙に補うアプリ」を公開しました。

そう、PDF比較の世界で最も普及しているアプリがAdobe Acrobat Pro。何しろ印刷業界では必須アイテムなので。

ただし、そのPDF比較は、うまくいく時もいかない時もあるという代物。PDFのデータを解析して突き合わせる方式なので、比較のアルゴリズムが想定しない変更は見逃されます。校正の重要な目的が「無用な変更が起きていないかの確認」ですが、残念ながら「Acrobat ProのPDF比較をかけたから安心」とはいきません。

また、印刷会社や制作会社でも、立場によってはAcrobat ProではなくAcrobat Readerを使っている人も少なくないかと。無償のReaderにはPDF比較機能がありません。

よってAdobe Acrobat Pro/Reaerの唯一の弱点とも言えるPDF比較を補うためにXORをお使いいただければ幸いです。

そう、予算の都合などから結果が不確実なAdobe Acrobat ProのPDF比較機能を使っていたり、そもそもPDF比較アプリを使わず、校正紙ベースの校正を続けている制作者もまだまだ多いと聞いています。

だったら、月額2,000円サブスクのXORを是非お使いいただきたいところです。XORはPDFを解析せず、見た目の違いを見つける方式なので、目視で判別可能な違いは見逃しません。そうして修正前と後のPDF間の変更箇所の洗い出しが簡単にできるので、確認対象を絞り込めば毎月2,000円以上の導入効果がきっと得られるはずです。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

改行したらどうなる?

XORにおけるPDF比較に対して時おり訊ねられるのが「例えばページの途中で改行があった場合、どうなるか?」というもの。「”改行された(それ以降は内容が変わらずに移動された)”と知らせてくれる」といった答えを期待してのものでしょうが、残念ながらそうはなりません。XORの比較はページを画像として比べるので改行が発生した箇所以降はすべて差分として表示されます。たまたまピッタリ合致した箇所を除いては。

よって「どこがどのように変わったか?」を望むのであれば、PDFを解析して比較するProof Checker ProのようなPDF比較アプリ(デジタル校正ツール)が相応しいでしょう。あるいはAcrobat Proか。

対してXORは「どこが変わったか?」だけを示します。これは私が制作者として働いていた際にそれでも十分有益だと確信したためです。「どこが変わったか?」は裏を返せば「どこが変わっていないかを特定できる」ということです。初校→再校→三校と段階的に完成を目指す制作では「どこかに無用な変更が生じていないか?」を簡単に確かめられるだけでも疑心暗鬼のストレスから解放され、時間短縮・コストカットに繋がります。

それに、もしアプリが「どのように変わったか」まで示してくれても、それが「その変更は意図した通りか?」は人間が確認してやる必要があります。だったら「どこが変わったか?」だけでもよかろうと。

そもそもPDFのデータを解析して比較するようなアプリの開発には膨大な費用がかかるので、月額2,000円のサブスクリプションで提供するのは到底不可能です。

xor concept animation
XORはPDFのデータを解析せずビジュアル的に比較します