集団マスク防疫

昨今、街ではマスク姿が当たり前になりました。私が通うジムも再開後はマスク着用が必須になっています。筋トレや有酸素運動の際も。

マスク着用姿

他方で「マスクは咳やくしゃみの飛沫を防げないので無意味」という人がいるけど賛成しかねます。それって「バイク事故で死ぬときは死ぬんだからヘルメットは不要」というようなものだから。

マスクで防ぐのは主に会話時の飛沫でしょう。相手との距離が近く対面の場合が多いので。

そもそも咳がひどいときは外出を控えるべきだし、花粉症ならくしゃみを止められないけど、それでも誰かに面と向かって浴びせることはないですよね。

もちろん飛沫が飛べば、どこかに付着するし、そこをうっかり触った手で目や口に触れれば感染するかもしれないけど、それはもう個々人の用心の部類です。ましてやマスク着用を止めれば防止できる話ではありません。

私もできればマスクは付けたくない方なのだけど、今は致し方ないと思います。新型コロナウイルスの拡大時にマスクは最も現実的かつ有効な策だろうと。皆が飛沫の飛び散りを減らせれば感染者の増加も低く抑えられます。「集団免疫」ならぬ「集団マスク防疫」です。緊急事態宣言の外出自粛はもう勘弁願いたいし。

でも、街を歩いていると高齢の男性ほどマスク着用率が下がる印象です。この世代は歩きタバコの率も高いし、自身の欲求の方が社会の規範よりも優先なのでしょう。ああはなりたくないものです。あの連中と同じ部類に入れられるぐらいなら、私はマスク着用を選びます。

集団免疫計画は悪魔のプラン

新型コロナウイルスのクラスターが北九州市で発生し、東京でもやや再拡大傾向が見られるけど、ひと頃の医療崩壊の危機的状況からすれば、今は一息付けている感じでしょうか。今後、緊急事態宣言のリバウンドが大きく出ないことを願うばかりです。

日本の感染者数は今のところ欧米より少なく済んでいるものの、裏を返せば抗体を獲得した人もまだ少ないということ。秋の第二波も懸念されるし、諸外国との往来もなかなか再開できないでしょうね。

他方で集団免疫は従来言われていた人口の60%に達せずとも40%かそれ以下、20%程度でも成立しそうだという話も聞かれるようになりました。木村もりよさんなんかがそれを提唱しておられます。そうして経済を回すべきだと。意図は解るけどさすがに無茶かと。

例えば39歳までの致死率は非常に低いのでどこかに集めて感染パーティでもやれたらいいけど、若い世代、特に18歳以下は親と同居している可能性が高いですからね。参加者には感染を強いて、PCR検査で陽性が出たら感染力を失うまでホテルの個室に隔離させますか?誰がそれを望みます?まるで徴兵制、いや独房行き懲罰、もしくは人体実験のようにも思えます。若い人でも何らかの健康不安を持っている人は多いし、中には重症化するケースも少なからず出て来るのだから。

また、集団免疫の20%論が正しいと仮定しても日本の人口の20%は約2,500万人。その規模で計画的に抗体獲得を目指すなら毎週10万人ずつ感染させても250週かかります。秋に間に合わせるならその10倍のペースが必要だけど、さすがにPCR検査や抗原検査が追いつかないでしょう。ちなみに感染者数は世界最多のアメリカでも6月1日時点で180万人弱。全世界でも610万人超なのですが…。

 COVID-19 Dashboard by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins University (JHU) Hun.1.2020

つまるところ、ワクチン以外での抗体獲得による集団免疫は机上の空論の域を出ません。それどころか多くの犠牲を前提とした「悪魔のプラン」とでも言いましょうか。抗体の有効性やそれがいつまで続くかも解っていないし。

よってここは用心しつつもなるべく通常の生活、経済状態に戻しつつ、感染ペースを低く抑えながらワクチンや治療薬の実用化を待つしかないと思います。時間はかかるけど、強毒性に変異したウイルスの拡散を地道に防ぐだけでもウイルスの脅威は減っていきます

もちろん誰かが言っていた「PCR検査を拡充して、陰性者だけで社会を回す」なんてのも論外です。PCR検査の陰性は抗体獲得を意味しないので。

テレワークは流行らない?

緊急事態宣言が解除され、通常勤務に戻す企業も多いと聞きます。ラッシュアワーの通勤再開を憂鬱に感じている人もいるでしょうね。

他方で、「テレワークなんて流行るはずがない」と得意げに言う人がいるけど、解ってないなぁと思います。事の本質は在宅勤務が主流になるかどうかではなく、この先、テレワークの可否や生産性の高低が企業の競争力に関わってくるということなのに。

テレワークのあるある
テレワークが必ずしも快適、合理的とは限らないけど、だからと手をこまねいていれば同業他社に差をつけられてしまいます

仮に新型コロナの第二波が来なかったとしても、例えば会社員が親の在宅介護を余儀なくされることは大いにあり得ます。その際、勤務先がテレワークに消極的な会社なら、テレワークに理解があって実施実績も豊富な同業他社への移籍を考えるでしょう。

そう、「テレワークは緊急事態の一過性ブーム」などと考えて、事実上の自宅待機程度でしか実施してこなかった会社はいずれ求心力を失う可能性があります。新卒採用でも後れを取るし、手放したくない人材をみすみすライバル会社に差し出した上に、場合によってはその人と懇意だったお客様まで持っていかれかねないという。

よって「テレワークだと効率が上がらない」といったスタンスは命取り。「どうすればテレワークでも生産性を保てるか」や「オフィスワークとテレワークのベストミックスを模索する」に考えを切り替えるべきだろうと思います。

いや、もちろんライバル企業もテレワークに出遅れていれば心配はいらないけど、そんな保証はないですからね。

ちなみに下記リンクは印刷物の制作者のテレワークに向いたPCと周辺機器の一例。できればディスプレイは2台で。

品質とコストカットを両取り

さあ、待ちに待った緊急事態宣言明けです。もちろん新型コロナ禍はまだ終結ではないものの、保健医療分野にも余力ができてきたようなのでそろそろ経済を回さないことには。

ならばリベンジ消費が始まるのでしょうか。ぜひそうであって欲しいものです。イベントなど緊急事態宣言で止まっていた商業活動がこぞって動き出せば必然的に印刷物の制作需要も増えるはずだから。

例えば、飲食店や小売業なら駅前や店頭でチラシを配るのも有効ですよね。SNS全盛とはいえそれでリーチできる層やお店への誘導効果は限られるけど、チラシなら手渡ししながら呼び込めます。他にも、ウイルス対策等の店内ポスター類を新調したいところかもしれません。

イオンの新型コロナウイルス対策
近所のAEONに貼ってあったポスター。この手の緊急制作案件は殺到するのではないかと。AEONは社内制作かもしれないけど

さて、頼む側があれば頼まれる側もあるもの。街の印刷会社や制作会社はこれから忙しくなるかもしれません。だとしたら気になるのが品質面。繁忙期は平時のように確認作業に時間や人手をかけられないけど、品質をお座なりにすれば痛い目に遭いかねません。

そこでお勧めするのがXORの活用です。制作、特に第二校以降では修正している時間よりもその結果を確認する時間の方が長かったりするものです。DTPでは時折無用な変更も紛れ混みがちなので。

よって制作の各段階で修正前と後のPDFの変更点を洗い出してから確認すれば校正の品質と効率が上がります。

XORのアオリ表示
XORを使えば修正前と後のPDFの違いを簡単に洗い出せ、見つけた差分箇所には赤い囲みをつけられます。

いや、すでに他社製のPDF比較アプリを導入済みかもしれないけど、ドングルによるコピープロテクトが掛っていれば一度に一人ずつしか使えないはずです。

XORはサブスクリプションなので期間限定でも導入できます。しかも最初の1ヶ月は無料使用期間です。サブスク費は2,000円/月なので制作スタッフ全員分を導入してもさほど負担にはならないかと。個人でも導入できる額のはずです。

そうしてアプリ利用の順番待ちがなく、誰もが好きな時に存分に使えれば品質確保が容易になり、全員が並行して作業することで効率が上がってコストカットが実現します。

なお、XORはMac App StoreとMicrosoft Storeからダウンロードして、すぐにご利用いただけます。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

満員電車ゼロ案

いよいよ今夜にも関東一都三県と北海道の緊急事態宣言解除が発表される見込みですが、また毎日の通勤が再開されることに憂鬱な思いを抱いている人もおられるのではないかと。

そんな折、堀江貴文さんが東京都知事選に出馬しそうですね。青島・ノックの時代ではないし、都民には高齢者も多いので当選するとは思っていないだろうけど、彼にとってはこれを機に自身の主張ができれば勝ちですからね。社会の変革を訴えつつ本も売れるので。

東京改造計画 堀江貴文著
2020年5月30日発売予定

さて、まだ告示前ながら漏れ伝わってくる堀江氏の公約の一つが「満員電車をなくす」というもの。朝のラッシュアワーの乗車料金を上げるだけで不要普及の人が乗らなくなると。これ、大賛成です。小池都知事らが言っていた二階建て電車とかとは違って十分実現可能だし。神奈川県民の私に投票権はないのだけど、面白そうなので具体的に考えてみました。


例えば、小田急線の新百合ヶ丘駅→新宿駅の通常料金はPASMOやSUICAで支払えば片道314円です。

これを新宿駅が最も混む7:30〜9:00の間に自動改札を抜けようとすると+314円が請求されるようにします。定期券の場合も同様です。チャージ残高が不足なら清算が必要になります。そう、混雑時間帯は料金2倍という仮定です。

月に20日出勤なら+6,280円。同区間の定期券代は1ヶ月11,030円なので会社の負担は6割増しになります。


という感じでしょうでしょうか?

結果、全社員が9時始業だと交通費が嵩むので時差出勤やテレワークを推奨する会社も増えるでしょう。つまるところオフィスワーカーが9時に始業する意味なんて「朝イチで電話してくる取引先やお客さんがいるかも」ぐらいのものだし、テレワークならそういったことは関係なくなります。

よって小池都知事が再選しても、この電車のダイナミック・プライシングはぜひ採用してもらいたいものです。我々神奈川県民にも恩恵があるし。