比較結果の再利用性

PDF比較アプリの比較には二つの方式があります。「解析比較」と「ヴィジュアル比較」です。前者はPDFのデータ構造を解析し、要素を突き合わせて比較します。後者はPDFを画像として認識して差異を探します。XORはヴィジュアル比較のPDF比較アプリです。

ヴィジュアル比較方式のPDF比較ツールの中にはバッチ処理で各ページの比較結果の画像ファイルを書き出してくれるアプリが存在しています。

ただし、このタイプのアプリには難点もあります。例えば以下。

  • 比較結果が画像ファイル

つまり、目視で確認する以外だとプリントアウトして赤ペンなどを入れるぐらいしか使い道がないかと。よって別の場所で作業しているDTP担当者に再修正指示を出す場合にはスキャンする必要があります。

でもXORでは比較結果をPDFに書き出すので、Adobe Acrobat Readerなどで修正指示を書いて再修正の原稿にでき、そのままメールに添付して送れます。

xor-exported-or-printed-image
XORで書き出した比較結果はPDFそのものなので、拡大しても文字やイラストの解像度が下がることはありません

スケーラブル

ヴィジュアル比較方式のPDF比較ツールの中にはバッチ処理で各ページの比較結果の画像ファイルを書き出してくれるアプリが存在しています。

ただし、このタイプのアプリには難点もあります。例えば以下。

  • 比較結果の画像の解像度が粗い
  • 解像度を上げると処理時間が長くなる

つまり解像度と処理速度はトレードオフの関係にあります。加えて比較結果も画像ファイルなので画面で拡大表示しても粗くなるだけです。

他方、XORで書き出される検証結果はPDFそのものです。対になる両PDFのページが並んだ状態で、拡大表示すれば細部まで確認できます。

xor-exported-or-printed-image
XORで書き出した比較結果はPDFそのものなので、拡大しても文字やイラストの解像度が下がることはありません

リアルタイム比較

ヴィジュアル比較方式のPDF比較ツールの中にはバッチ処理で各ページの比較結果の画像ファイルを書き出してくれるアプリが存在しています。

ただし、このタイプのアプリには難点もあります。例えば以下。

  • ページ数が多い場合には処理が終わるまで長く待たされる

つまり、比較作業を開始してから結果を検証するまでに待ち時間が発生します。よって忙しい時などはその待ち時間がもったいなく感じることもあるでしょう。

そこでXORはバッチ処理ではなくリアルタイム比較を採用しています。昔流行った表現で言えば「WYSIWYG(What You See Is What You Get)」、アプリの画面上で各ページを瞬時に比較可能です。対になる両ページを並べて見比べることも、重ねて差異を表示させることもできます。

xor concept animation

100%の比較精度

XORはPDF比較アプリです。修正の前と後のPDFの差を100%の精度で見つけます。

新旧のPDFを比較する方式は以下の二種類。

  • 解析比較方式
  • ヴィジュアル比較方式

前者はPDFのデータ内容を解析して対になる要素を比較する方式。「どこが変わったか」だけでなく「どのように変わったか」をリポートしてくれて便利な反面、変更内容によっては差異の誤検出や検出漏れが起こります。修正の過程で追加・削除・移動が発生すると、両方のPDF間での要素のペアリングが不正確になるためです。

他方、ヴィジュアル比較方式はPDFの各ページを画像として認識して各ピクセルを比べます。こちらは「どのように」はレポートしてくれないものの、「どこが」だけは100%の精度で見つけ出します。

XORもヴィジュアル比較方式を採用しているので比較精度は100%を誇ります。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

Araxis Merge

Araxis Merge 2019のアイコン

Araxis Merge 2019というソフトウェアの存在を知りました。主な機能は以下の通りとのこと。

  • ファイルの比較とマージ
  • フォルダー比較と同期化
  • バイナリ ファイル比較
  • イメージ ファイル比較
  • レポート出力

どうやらPDFの比較もできるそうな。しかもWindows版だけではなくMac版もあるのですね。

そうなるとXORとも用途が重なる上に、XORよりも多機能です。しかもStandard Editionが27,000円と安価。これは強敵かも。

ということで早速評価版を申し込んで試してみました。もしPDFの比較機能がXORとそっくりだったらXORを勧めづらくなりかねないので。

でも、結果は取り越し苦労でした。XORとは目指すところが完全に違うようです。

Araxis Merge 2019に対する私の印象は「diffの技術を基に各種便利機能を実現したアプリ」です。とりわけテキストの比較に多大な効果を発揮してくれそうです。