FROGFISH合同会社

PDF比較アプリ XORはFROGFISH合同会社によって提供されています。

FROGFISH合同会社の社名ロゴ

合同会社ってあまり馴染みがなかったけど、昔の有限会社みたいな位置付けの法人形態ですね。株式会社ほど要件が厳しくなく比較的安価に設立でき、経営の自由度も株式会社より大きいとのこと。

ただし、合同会社は株式会社みたいに株式を介した資金調達はできないけど、その意向はなかった私にはこれでOK。XORを主軸として、せいぜい数人規模の会社としてやっていこうと考えています。

ちなみにアマゾンやアップルジャパン、フジテレビラボなんかも合同会社なので、合同会社は必ずしも小規模事業向けとも限らないようです。

FROGFISHを設立

これまでは個人としてXOR for Macを提供してきたものの、XOR for Windowsのリリースを機に法人化することにしました。FROGFISH合同会社です。英語表記だと「FROGFISH LLC」かな。

FROGFISH合同会社の社名ロゴ

過去に発行したプレスリリースで名乗ったブランド名はWebサイト名そのものの「FROGFISH.JP」だったけど、法人名はドメインの「.JP」を抜いたアルファベット8文字。後ろに法人種別の「合同会社」が付きます。

日本の企業らしくカタカナで「フロッグフィッシュ」にしようかとも思ったものの、まあそのままで良かろうと。領収書をもらう時の宛名の説明は少々面倒かもしれないけど、それは日本風の名前でもありうることだから。

なお「Frogfish」にするかも迷ったけど、あえてロゴっぽく、すべて大文字にしました。

ちなみに「株式会社フロッグフィッシュ」が千葉県柏市にありますね。Webサイトは見つけられなかったけど何をされている会社なのかな。

なお、FROGFISH合同会社の事業内容はもちろんPDF比較アプリ『XOR』を中心としたアプリの企画、開発など。XORには追加機能のアイディアがたくさんあるので、ドキュメント制作業界の方々にはぜひサブスクリプションを契約して、XORが大きく育つように暖かく見守っていただければ幸いです。さしあたり次のバージョンでは、制作者が泣いて喜びそうな便利機能を追加する予定なので。

働き方改革とXOR

先日Youtubeを見ていたら、いわゆる働き方改革を全否定するようなセミナー風景のCMが流れました。確かに政府主導の働き方改革にはツッコミどころ満載だから解らなくもないけど、「労働環境の多様性容認」や「過重労働の軽減」といった大まかな方向性は正しいはずです。

さて、取扱説明書のような商用ドキュメントの制作においても今後は在宅勤務を希望する人が増えると思います。出産・育児、親の介護、あるいは本人の健康上の都合などで。会社には勤め続けたいけど通勤がネックになるケースですね。

介護のイラスト
介護のために在宅勤務を望む人も増えるでしょう

会社側としても人手不足の中で経験者を手放すのは得策ではないから、いずれ戻ってきてもらう前提で了承することでしょう。そのような場合、個々人ではProof Checker Pro(1ライセンス100万円超の最高峰ツール)を導入できないので、制作物の品質確保と効率化のためには代わりのPDF比較アプリが必要になります。

XORの価格は月額2,000円のサブスクリプションです。月に20日働くなら1日あたりコンビニコーヒー(S)一杯分なので、在宅勤務の個人でも無理なく導入できるのではないかと。再び通勤可能になった時は解約できるし。

最大の課題の次の課題

XORの出足が低調な理由の一番目はおそらく「知名度がない」です。これに対しては地道に周知を図るしかありません。

でも二番目の理由はちょっと厄介かも。というのも「そもそもPDF比較アプリを使う発想がない」ではないかと。だとすればXORの存在に辿り着かないか、存在を知っても有益だと思ってもらえない可能性があります。

私は横浜と千代田区の大手制作会社2社で取説制作に従事したことがあり、どちらでもProof Checker Proが使える状況でした。Proof Checker ProはPDF比較を含むデジタル校正の最高峰ツール。業界人からの信頼が厚い素晴らしい製品です。これの有無によって業務効率が大きく変わることさえあります。ただし1ライセンスが100万円を超えるため大きな組織しか導入できません。

より普及度が高いAdobe Acrobat Pro DCにもPDF比較機能があるものの、こちらの精度はProof Checker Proには及ばず、比較漏れが起きがちです。加えて、Acrobat Pro DCではなく下位バージョンのAcrobat Standard DCやAdobe Readerを使っているケースも多いかと。それらにはPDF比較機能がありません。

つまり、大手に属さない多くの制作者はPDF比較アプリなしでの業務遂行に甘んじているものと思われます。校正時はPDFをプリントアウトして、時間をかけて入念な目視確認を行っていることでしょう。

XORはそのような人たちのために開発されました。月額2,000円のサブスクリプションで最初の1ヶ月は無料なら個人事業主の方でも導入できるはず。もちろん機能の充実ぶりではProof Checker Proに遠く及ばないものの、二つのPDFの差を100%見つけるという最小限の要件は満たしています。

よって「XOR導入すれば作業効率を改善でき、月2,000円以上の効果が得られる」と知ってもらいたいところです。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

目下最大の課題

残念ながらXORの出足はまだ低調。でも理由は解っています。ひとえに「知名度がないため」です。人は知らない製品を買いようがないですからね。

加えてドキュメント制作が含まれる印刷業のトレンドは下り坂。もう盛り返すこともないでしょう。紙媒体が優先的な媒体ではなくなって久しいので。

ただし、私は時流が悪いとは思っていません。むしろビジネスチャンスはあると見ています。なぜなら状況が厳しいからこそ人々の意識がコストダウンに向かうだろうと。

業界が下り坂でも印刷物の需要が無くなることはないと思われます。ただし、単価は容赦なく下がるでしょう。その結果、業界人は今までよりも安い費用での制作を強いられます。よってコストカットに寄与する手段への需要が高まるはずです。

その用途ではXORは有力な選択肢になりうると思います。月額2,000円のサブスクリプションならローリスクで導入できるので。1ヶ月の試用期間があるので、もし気に入らなくてもその間に解約すれば費用負担はゼロです。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge