ORION Android TV搭載 チューナーレス スマートテレビ

ドウシシャが「ORION Android TV搭載 チューナーレス スマートテレビ」シリーズを発表しました。

ORION Android TV搭載 チューナーレス スマートテレビ

大きい方から50型、40型、32型、24型の4機種。どれもAndroid TVを搭載していて、YouTube、NETFLIX、anazon prime videoのアプリがプリインストールされています(リコモンにも専用ボタンあり)。

加えてabema TV、DAZN、U-NEXTなどもアプリをダウンロードすれば見られるようになります。TVerのアプリはあるのかな?

そして何よりもNHKへの受信料の支払いが発生しません。私はまだNHKを見ることがあるので食指が動かないけど、もうテレビ放送は見ないって人にはいいんじゃないでしょうか。

シリーズ中、私が注目したのは32型モデル。というのも解像度が1920 ×1080なので。何しろ今時の32型テレビは解像度が1366 x 768のものばかり。これだとPCモニタ代わりに使おうにも間伸びした印象になってしまうけど、1920 ×1080あれば、まあ実用的と言えるでしょう。

XORはセブンコーヒー18杯分

さまざまな商品の値段が上がっている中、セブンコーヒーの値上げが発表されました。7月4日以降、レギュラーサイズが100円から110円に上がるそうで。

セブンコーヒー(R)

他方、XORのサブスクリプション費は月額2,000円のまま据え置きです。これまで「XORのサブスク費用はコンビニコーヒー20杯分」と言ってきたけど、この先は18杯分ってことになるわけだ。

そう聞くと何だか値打ちが下がったような気がしないでもないけど、「プロ用のPDF比較アプリが月々コンビニコーヒー18杯分の費用で使える」と言い換えればお得感が増すのではないでしょうか。

Apple Magic Keyboardを購入

M1チップ搭載Mac用のApple Magic Keyboardを購入しました。

Apple Touch ID搭載Magic Keyboard (Appleシリコン搭載Mac用) - 日本語(JIS)

今までiMac(2009)に付属していたワイヤレスキーボードを使っていて、時々単三乾電池2本を入れ替えてやる必要があるものの、それ以外は特に不満もなかったのだけど、来月あたりApple製品が値上がりするのではないかと睨んで。この円安は長引きそうだから。

もっとも、このキーボードは15,800円程度だから価格が改定されてもせいぜい18,000円ぐらいだろうけど、1,000円、2,000円の差でも買わずに値上がりすると悔しいと思うのですよね。

ちなみにテンキーありかなしかで迷ったものの、なしモデルにしました。テンキーは便利だけど、数字ばかりををたくさん打つ機会は少ないので。

テレワークに最適なテレビ

先日、まん延防止等重点措置が全国的に解除されました。第7波が来るか来ないかはわからないけど、テレワークはある程度根付いていくだろうと思います。例えば子供が急に熱を出した時などに在宅でも仕事ができるかどうかでその会社の生産性が変わりそうだから。

ならば「テレワークに最適なテレビ」なんてものがあるといいのではないかと。普段はテレビなのだけど、仕事の際は外付けPCモニタとしても使いやすいと。ノートPCの画面とともに2画面あれば何かと便利ですよね。

とはいえ既存のテレビにはこれといった製品がありません。32インチ以下でフルHD(1920 x 1080)の解像度、かつ1.5倍速の早見再生機能がある機種というと、こちらぐらいかと。

でも、欲を言うともう少し画面が広くて解像度も高いものが欲しいところです。40インチを越えれば4K解像度の製品があるけど、机の上に置くには大きすぎるし圧迫感があります。

よって、具体的には27インチでWQHD(2560 x 1440)ぐらいが最適ではないかと。テレビではないけどPCモニタにはこのスペックの製品がたくさんあります。

というわけで、どこかのメーカーさん、こんな感じの液晶パネルを使ったテレビ製品を開発していただけないでしょうか。

もちろんPCモニタにTVチューナーやスピーカーを付ければテレビっぽく使えるだろうけど、一体型の方が何かと楽です。

跳ね上げ式メガネのメンテ方法

私は跳ね上げ式メガネを愛用しています。元々近視だったけど加齢と共に老眼が入ってきて、コンタクトレンズだと手元に焦点が合わなくなったもので。

近視でない人が老眼になると手元を見る際に老眼鏡を使うのだろうけど、近視+老眼の場合、メガネを外せばOK。ただしメガネの着脱が面倒なので、レンズだけを撥ね上げられるタイプが重宝します。遠近両用のように下目遣いをする必要もありません。

【DUN】 ドゥアン 眼鏡 日本製 ハネ上げ式 跳ね上げ メガネ

ただし、跳ね上げ式を何年も使っていると次第にヒンジの部分の摩擦がなくなるのか、ある時を境にレンズを跳ね上げたままキープできなくなります。ネジをキツく締めても改善しません。こうなると跳ね上げ式は一転して普通のメガネよりも不便です。ぶらぶらするレンズでは途端に酔って、まともに生活できません。

というわけでこれまでは症状が出たらメーカーに頼んで有償で調整してもらってたのだけど、Yahoo!でこのような記事を見つけました。

手元も見やすい跳ね上げ式メガネ Zoff「FLIP UP」 裏ワザで快適に

なるほど、サテンバーニッシュなる塗料を塗れば、ヒンジの摩擦を高められるのですね。良い情報に感謝します。