コスパは貧乏人の尺度

先日、とあるニュース系Webサイトのコメント欄に私が「WindowsよりもMacの方がビギナーに向いている」と書いたら執拗に食らいついてくる人がいました。どうやら私の「WindowsはMacよりも生産性が低い」というコメントに引っ掛かったようです。私は「自力で整備できる人ならその差を埋められるけど」と書き添えていたのですが、そこはあえて無視したようで。

Mac or Windows

ちなみに私の見解はこう。

  • Macは皆が使いそうなアプリ類をバンドルした「全部入り」として提供される
  • Windowsはカスタマイズしてなんぼの世界
  • つまり、初期状態だとWindowsでできることはMacよりも少ない
  • よってPCスキルを持たないビギナーにはMacの方が向いている

実際、日本語入力FEPの精度一つとってもWindowsのそれはMacよりも大きく劣るので他のものに入れ替えてやらないと作業効率が上がりません。その作業はビギナーには敷居が高いはずです。発想すらないかもしれません。まあ、Macの日本語入力も数年前まではお粗末だったけど今では劇的に改善されています。iPhoneで儲けたからか目一杯リソースを注ぎ込んだのでしょう。その分、Macはサードパーティの活躍の場が狭いとも言えるのですが。それにゲームのようにMacがWindowsにまったく太刀打ちできない分野もあります。

でもその人は、やれ「Macは高くてコスパが悪いからダメ」とか「とっくにマイノリティなのだから負けだ」などという理屈で攻めてきました。好き嫌いや向き不向きの話をしているところに価格の大小や勝ち負けの観念で挑んでくるのだから、こちらは笑うだけですが。

挙句、私が「そうまで言うならMac使ったことあるの?」と訊ねたら「そんなものはない。だがリサーチはした」だと。つまり、結論を決めた上でMacに対するネガティブな記事ばかりを読んでイメージを膨らませてたらしいのです。こういう人に理屈は通じません。日本を絶対悪に位置づけた文在寅政権みたいな感じです。

ただ、一連のやりとりで私が思ったのは「コスパ」という言葉。言うまでもなくCost Performanceの略でよく使われるけど、これって実は貧乏人に特有の観念なのではないかと。

「経済的に余裕のない人は物を買い、余裕のある人は時間や利便性を買う」と言いますよね。前者は使えるお金が限られるから常に費用対効果を意識せざるを得ないけど、後者は金額の大小に捉われずに実利を追求できるわけです。

もちろん時と場所によるのだけど、不用意にコスパという言葉を使えば「ああ、安物買いを好む貧乏人思考が身についた人物なんだ…」という印象を相手に与えかねないだろうと。注意しないと。

MacBook Airが再び故障?

MacBook Air 2018の動作がおかしくなりました。10月に修理したばかりだったのに。

今回の不具合はストレージへのアクセスができないというもの。例えばPhotoshopで画像を加工して保存しようとするとホイールが回り、それっきり。comman + option + escを押すとファインダが「反応なし」の状態になっています。ファインダを再起動しようにも、それっきりです。

ならばとMac自体の再起動を試みるもOSが正常終了しません。何もできないデスクトップだけの画面で固まります。

よって強制終了して再起動するも、Macの起動はうまくいったりいかなかったり。うまくいったときにせめてバックアップだけでもとも思うけど、Time  machineによるバックアップも失敗します。保存用HDDのフォーマットが「ジャーナリングではない」と。でも、ちゃんとジャーナリングでフォーマットしてあるし、何日か前までバックアップは取れていました。

よって、このマシンでできることといえばWebとメールくらい。これらの動作から推測するに、I/Oを司るチップの故障かと。だとするとまたロジックボードの交換か。何日も使えない状況が発生するわけだ。まったくもう。

と思い、善は急げとApple Store川崎に出向きました。渋谷や表参道よりも早い時間帯の予約が取れたので。

Apple Store 川崎
Apple Store 川崎は、駅からラゾーナに向かうと正面にありました

ただし、現地で受け付けをすませて席に座り、担当のジーニアスが来るまでに動作の再現を試みたら現象が発生しません。ちゃんとファイルを保存できます。つまり、本体側の問題ではなかったということですね。あまりに異常な動作だったのと、先日マシントラブルが発生したものだから、てっきり今回もそうだと思ってしまったわけだ。

結局、マシンの診断を受けて「問題なし」との結果を貰っただけで帰ってきました。徒労に終わったけどオープンしたての川崎店には行ってみたかったので、まあいいか。

帰宅後環境を見直してみたところ、半年前に買ったこの製品の不具合であることが判明しました。

Salcar USB3.0 2.5/3.5型 SATA HDD/SSDスタンド UASP対応 パソコンなしで丸ごとコピー 8TB*2対応 アルミ筐体 1年保証

このHDD/SSDスタンドがUSB HUBに刺さっているとダメなようです。macOSは外部装置の不具合と道連れになるのか。知らなかった。

でも試しにMacBook Air 2011(macOS High Sierra)に繋いだら平然と動いたので、MacBook Air 2018またはmacOS Catalinaの問題なのかな。

まあ、HDD/SSDスタンドは1年保証なので年明けに対応してもらおうと思います。このスタンドを買ったことで引退させた予備のHDDスタンドを残しといて正解でした。


追記:

後刻、PC環境を確認したところ、セルフパワーのUSB3.0 HUBから電源ケーブルが抜けているのを発見。これが根本的な原因でしたケーブルを再接続してHDD/SSDスタンドを繋いだら元通りに使えるようになったので。PCの動作が怪しくなったら、まずはケーブル類を確認してみるべきですね。

印鑑

新会社の設立にあたっては会社の印鑑を作る必要があります。会社の実印、銀行印、角印(社印)です。いい加減、時代遅れの習慣だと思うものの、法律がそうなっている以上、従うしかありません。

印鑑のお値段はそれこそピンキリだけど、一般的には柘(つげ)や樺(かば)といった木材が安価。よって当初それらにしようと思っていたものの、Amazonでチタンの印鑑が割とお手頃に注文できるのを発見しました。

チタンで3本揃えても値段は木材とさほど違いません。ならばとチタンにしました。耐久性が問われるほど印鑑を使うとは思えないけど、何となくチタンには上等な素材という印象があるので。

チタンの法人印3点セット
届いたチタンの法人印3点セット。左から実印、銀行印、角印

誰でも使える、いつでも使える

PDF比較アプリ(デジタル校正ツール)XORの基本コンセプトは「誰でも使える、いつでも使える」です。

誰でも使える

「誰でも使える」には二つの意味があります。「簡単操作」と「手頃なお値段」です。

簡単の目安は「説明書を読まずともあらかた使いこなせる」でしょう。世の中には詳細な設定項目を設けているアプリがあるけど、私は学習能力が低いためか使いこなせません。DTPで組まれた紙面はテキストが主体なのか画像が主体なのか切り分けできないことも多くどんな設定が効果的か解りづらいし、使い分けるのも難儀です。

よってXORには一切の設定項目がありません。二つのPDFを選んだらスペースキーを押すだけで比較結果が表示されます。

xor concept animation
比較するにはスペースキーを押すだけです

もう一つの「手頃なお値段」の目安は「個人でも導入できる価格」ということで、2,000円/月のサブスクリプションとしました。月に20日働くとして1日あたり100円なら無理はなかろうと。しかも1ヶ月の無料試用期間があります。解約、再契約も自由です。何万円もするアプリを買うには勇気が要りますよね。会社でも購入申請はなかなか通らないことでしょう。

いつでも使える

いつでも使えるは、結論から言えば「ドングル要らず」です。

私がかつて勤務した二つの大手ドキュメント制作会社では、どちらもデジタル校正の最高峰ツールProof Checker Proを導入済みだったものの、USBポートにドングルを刺したPCでしか使えないため各人の締め切りが重なると順番待ちが発生していました。これって思っている以上に厄介なのですよね。ドングル待ちの人数が多かったり前の人がページの多いドキュメントを比較検証していようものなら、ずいぶん待たされてしまうから。自身が待たせる側になれば焦るし。

また、順番待ちの時間を有効活用すべく別の案件に取り掛かったら、いざ順番が回ってきたときに手が離せないなんてことも起こりがちです。

とはいえ会社は高価なアプリを何本も買い足すことはできません。印刷業は総じて薄利多売。決して収益性が良いとは言えない世界なので。

また、大手の社員であっても在宅勤務の際は当然ながら会社の設備が使えません。誰かがドングルを持ち帰ろうものなら大事になるでしょう。

そんなわけでツールを使わず校正を済ませたら、そういう時に限って致命的な不具合が紛れ込んでいるのに気づかず…なんてことも起こりがちです。

XORはMac App StoreおよびMicrosoft Storeからの提供なので、コピープロテクトのドングルはありません。しかも同じアカウントなら会社でも自宅でもアプリを使えます。あるいはWorkasionで訪れたリゾート地においても。

コストカットの極意

XORの導入によって得られるのはドキュメント制作における品質確保とコストカット効果。とりわけ後者です。おそらくそれが今もっとも必要とされていることだと思うので。

もはや優先的なメディアではなくなったとはいえ印刷物の需要がなくなることはありません。何しろ手頃かつ安価だから。ただし、お客様に払ってもらえる対価は良くて横ばい、もしくは下落傾向にあろうかと。他方で紙やインクは容赦なく値上がりしかねません。そんな中、制作側としては人件費を減らすしかないでしょう。できれば首切りではなく業務効率や生産性を上げたいところです。

そこで当Webサイト内に「コストカットの極意」というページを設けました。

App Icon with "Tips"

業界人なら、PDF比較アプリで修正前と後のPDFの差を見つければ作業が楽になることは容易に想像がつくはずです。ただし、漫然と使っていては十分な成果を得られないかもしれません。XORは月額2,000円のサブスクリプションだから、少なくとも毎月1〜2時間の時短を実感できなければコスパが悪いということになるので、最も効果的な活用方法を実践していただきたいと思います。