ミスは知らないうちに起きている

最近このWebサイトを改変しました。といってもデザインを差し替えた程度ですが、あるときiPhoneでサイトにアクセスするとこの通り。

iPhoneで表示したXORのサイト
見出しの文字がやたらと大きく、Youtube動画も右側にはみ出しています。

先日までまともに表示されていたはずなのにスマホ向けのcssが適用されていません。変更した覚えはないのだけど。いや、最近MediaQueryとは無関係な箇所を修正した記憶はあります。その際に余計な変更を加えてしまったのでしょう。

実はこの手の怪現象(?)は印刷物制作においても時々発生します。DTPオペレータがDTP原稿の修正指示とは違うところをいじってしまったけど本人にはその覚えがないものだからそのまま編集者に提出。編集者もDTP原稿に修正指示がない箇所の変更には気づかずクライアントに提出。クライアントも同様に見逃して校了。でも、印刷してからミスが発覚して大問題に発展するとか

無意識な変更の原因は色々考えられます。例えば、ある要素を追加する際にレイアウトの都合から近隣の要素を移動させ、戻し忘れたとか間違ったところに戻してしまった場合です。

あるいはDTPデータの整理中にファイルの名前や保存場所を変えればDTPデータを触ってなくても画像が差し変わりかねません。

もっと単純な例だと、command + c(WindowsならCtrl + c)のつもりでcommand + v(Ctrl + v)を押して選択範囲のテキストを書き換えてしまったり、余計なテキストボックスを貼り付けてしまうことも考えられます。他にも色々なパターンがありそうです。

これらを防止するために有効な手段は「提出前にPDF比較アプリを必ず使う」です。「誰も完璧ではない。予期しないミスは常に起こりうる」という心構えで臨むと。

ただし、それには誰もがいつでもPDF比較アプリを使えることが重要です。その点、XORは月額2,000円(税込)のサブスクリプション提供なので、企業ならスタッフ全員分を、個人でも無理なく導入できるでしょう。そうすることで、誰もが新旧PDFを比較して無意識な変更を発見できます。

XOR for Mac Version2.0のアイコン

XOR

リアルタイムPDF比較ビューワ

2,000円(税込)/月
(サブスクリプション)

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

デュアルディスプレイ制作のすゝめ

XOR for Mac Version 2.0を最大限に有効活用するためにはデュアルディスプレイ構成をお勧めします。

例えばこのように使いましょう。

XORを使うためのデュアルディスプレイ構成

片方のディスプレイでXORを使い、もう片方でDTP原稿を表示します。左右は使いやすいように並べ替えても構いません。

こうすると校正紙を介することもなくXOR上での校正作業、注釈付けが楽になります。

XOR for Mac Version2.0のアイコン

XOR

リアルタイムPDF比較ビューワ

2,000円(税込)/月
(サブスクリプション)

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja

再修正用のDTP原稿も書き出せます

XORでは二つのPDFを指定すると比較結果が即座に表示され、差分箇所に自力で囲みを付けて、DTP原稿を突き合わせた校正結果を注釈として書けます。

その上で、ファイルメニューの「右側のPDFを書き出す」を実行すると、右側のPDF(修正後のPDF)が注釈つきで書き出され、そのままDTP原稿として使えます。XOR上でPDF比較だけでなく校正作業も完結するわけです。

XOR 2.0 書き出されたファイル(再修正用DTP原稿PDF)
XORで書き出したDTP原稿の例。XORで付けた注釈がPDFの注釈として引き継がれています。

私が知る限り、他社製のPDF比較アプリはどれもバッチ処理で比較結果のリポートを生成する方式を採用していて校正の作業はできなかったのではないかと。

XOR for Mac Version2.0のアイコン

XOR

リアルタイムPDF比較ビューワ

2,000円(税込)/月
(サブスクリプション)

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja

手動の強み

既存のPDF比較アプリがバッチ処理で比較結果リポートを生成するのに対し、XORは差分箇所を示し、それにユーザーが赤い線の囲みをつけていく仕様です。

手作業は面倒に思われるかも知れないけど強みもあります。

例えばバッチ処理の場合、アルゴリズムに従って些細な変更さえも検出しかねないけど、手作業の場合は「この程度なら無視してもいい」といった加減ができます。

XOR for Mac Version2.0のアイコン

XOR

リアルタイムPDF比較ビューワ

2,000円(税込)/月
(サブスクリプション)

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja

ワンストップ校正とは?

XOR for Mac Version 2.0の特徴は「ワンストップ校正」です。修正前と後のPDF比較、校正、そしてクラアントへの提出準備がXOR上で完結します。

私が知る他社製のPDF比較アプリはどれもバッチ処理で比較結果のリポートを生成する仕様です。そのため校正作業が以下の二段階になります。

  1. リポートと校正用PDF(修正後のPDF)を突き合わせて差分箇所を把握する
  2. 1. の結果とDTP結果を突き合わせて個々の修正内容を確かめる

対してXORのPDF比較はユーザー自身が見つけた差分箇所に赤い線の囲みをつけていく仕様です。

一見、手作業で差分に囲みをつけなければならないXORよりも、アプリ任せで比較結果リポートを作成してくれるPDF比較アプリの方が楽で効率的に思えるかもしれません。でも、XORで囲みをつける作業は他社製のPDF比較アプリにおける上記 1. の手順に相当します。自動だから手順が減らせて楽というわけではありません。

XOR for Mac Version2.0のアイコン

XOR

リアルタイムPDF比較ビューワ

2,000円(税込)/月
(サブスクリプション)

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja