跳ね上げ式メガネのメンテ方法

私は跳ね上げ式メガネを愛用しています。元々近視だったけど加齢と共に老眼が入ってきて、コンタクトレンズだと手元に焦点が合わなくなったもので。

近視でない人が老眼になると手元を見る際に老眼鏡を使うのだろうけど、近視+老眼の場合、メガネを外せばOK。ただしメガネの着脱が面倒なので、レンズだけを撥ね上げられるタイプが重宝します。遠近両用のように下目遣いをする必要もありません。

【DUN】 ドゥアン 眼鏡 日本製 ハネ上げ式 跳ね上げ メガネ

ただし、跳ね上げ式を何年も使っていると次第にヒンジの部分の摩擦がなくなるのか、ある時を境にレンズを跳ね上げたままキープできなくなります。ネジをキツく締めても改善しません。こうなると跳ね上げ式は一転して普通のメガネよりも不便です。ぶらぶらするレンズでは途端に酔って、まともに生活できません。

というわけでこれまでは症状が出たらメーカーに頼んで有償で調整してもらってたのだけど、Yahoo!でこのような記事を見つけました。

手元も見やすい跳ね上げ式メガネ Zoff「FLIP UP」 裏ワザで快適に

なるほど、サテンバーニッシュなる塗料を塗れば、ヒンジの摩擦を高められるのですね。良い情報に感謝します。

スーパーボウル LVIを録画したい(1)

私はNFLシンシナティ・ベンガルズの長年のファンです。子供の頃、あの虎柄のヘルメットが最高にクールに見えたもので。

Joe Burrow Cincinnati Bengals Autographed Riddell Speed Flex Authentic Helmet

そして今年は33年ぶりにスーパーボウルに進出しました。相手は同じく羊の角柄ヘルメットのロサンゼルス・ラムズ。結局、ベンガルズは負けちゃったけど勝つ可能性も十分にある試合でした。あそこであの珍事的な反則がなければ。それに第4クオーターで自陣エンドゾーン前のフラッグも痛かったよなぁ。そりゃ1st Down & Goalが続けばいつかはタッチダウンされてしまうものだし。いや、そもそもQBのBurrowがサックを喰らいすぎて攻撃のペースを掴めなかったよな

そんなわけで敗戦は残念だけど、この試合を動画データとして残すことにしました。我がベンガルズの4度目のスーパーボウル進出がいつになるかはわからないし。

とは言え今年はNHKの放送がなかったためNFL GAME PASSでスーパーボウル一試合だけ契約(120円)。1ヶ月間見られるので、これをキャプチャすることに。もちろん個人用です。ネットに上げたりは一切しません。

続く…。

Apple TVに驚いた

Apple TVを何年も使っていて今さらながら驚いたことがあります。Apple TVってテレビのリモコンでもコントロールできるのですね。

Apple TV
私が使っているのは一つ前の機種です

昨日、Apple TVのAmazon Prime Videoのアプリで映画を観ている際に間違ってApple TVのリモコンではなくテレビリモコンの一時停止ボタンを押したところ、ちゃんと再生が止まったのを発見。驚きました。何しろ私のテレビはドウシシャというあまり聞かないメーカーの製品だから。

これまで専用リモコンかiPhoneで操作していたけど、テレビリモコンでも操作できれば操作の自由度が増します。

ただし、テレビリモコンだとApple TVの電源を入れる操作だけはできなさそうだけど。

コロナ病床の逼迫に思う

五輪が終わり、ニュースの主要テーマはコロナ病床の逼迫問題に移りました。何しろ今感染した場合、ちゃんと入院治療、あるいはホテル療養が受けられるかもわからないので。自宅療養は人によっては不安が大きいですよね。例え軽症でも容体が急変することがあるようだし。

そこで野戦病院的な施設が必要だと思います。なお、パーティションは不可欠でしょう。

橋下氏は否定的なようだけど、法律が整ってなくても人命のためにはどうにか調整して早急にやらざるを得ないはずです。医療人材に関してもそう。少ない人員で多くの患者を効率的に診られるようにしないと助かる人も助けられなくなりかねません。実際、福井県はまだ病床に余裕がある中で予備の100床を確保したし、他の都府県にもできるはずです。

そう聞いて連想するのが介護問題。特に東京都の。何しろ永年の一極集中のせいで数年後の東京は超高齢化に見舞われます。進学や就職で地方から出てきてそのまま東京に居を構えた団塊の世代以降が続々と後期高齢者になるためです。コロナの重傷者数と同様、母数が多ければ要介護者も増えるけど、これといった解決策はありません。何しろ土地の制約から大規模介護施設なんて建てられないし、介護士のなり手もいないので。

中には「東京にはこれからも若い世代が流入するから大丈夫」なんて言う人もいるけど、それは浅はか。若者が増えても要介護者が減るわけではないことは、ちょっと考えればわかるはずです。

そこで本来ならかつての役割を終えた多摩ニュータウンなどを介護拠点地域として再開発すべきだろうけど、そんな話は聞かれません。区分所有の問題もあって難しいのでしょうね。よって東京では介護離職、介護待機、そして介護放置される人が急増します。必然的に閉塞感が漂い、都や区市の財政も厳しくなるでしょう。東京五輪は特需なく終わってしまったというのに。

ちなみに地方なら土地の制約も少なく集中的な介護施設も確保しやすい上に、東京よりも仕事が圧倒的に少なく、巨額の住宅ローンを抱えた人もあまりいないので、低所得の介護でも就職先の選択肢になり得ます。

というか、地方では高齢化が先に進んだおかげで今後の高齢化ペースは落ち着いていきます。現役世代を東京に送り出したため、今の高齢者を送れば続く世代が少ないので。もちろん減った人口が回復するわけではないので、これといって特徴なない田舎は存続が難しくなるけど、ある程度の人口がある地方の都市部では、東京とは逆に高齢化問題が過去のものとなっていきます。

東京五輪2020が無事終了

TOKYO五輪2020

東京五輪2020の全日程が終了。最後、台風に見舞われそうになったけど運に恵まれました。もし悪天候だったらマラソンや閉会式はどうなっていたことか。

私は東京五輪の招致に反対だったし、来年に再延期して世界的にワクチン接種が進んでから有観客のフルサイズで開催すべきだったという思いは今でも変わりません。今年やったばかりに入場料収入やインバウンド特需を失っただけでなく、ホストタウンにおける選手と子供たちの交流がなされなかったのはプライスレスの大きな損失だから。

とはいえ競技は競技。こちらはけっこう楽しめました。終わって寂しいと思うぐらいです。どうせなら1ヶ月ぐらいのスパンでやってくれればいいのに。私は時間に自由が効く方だけど、スケジュールが重なっててオンタイムで見られなかった競技も多かったから。開催日数についてはオリンピック憲章を改定した方がいいのではなかろうか。

それにしても東京五輪は歴史的にもなぜか受難がついて回ります。1940年は返上、2020年は延期を余儀なくされました。とはいえ今大会のコロナ禍の開催に加えて、開会直前までバタバタしてた割には大きな問題もなく終えられたかと。それはまるで日本の社会そのもの。政治のリーダーシップには期待できず、あれこれ社会問題もたっぷりあるのだけど、なんだかんだ言って平和で暴動の類は一切怒らず、かつ市民生活を割とハイスペックな状態で回り続けるという。これで貧困や低所得労働の問題さえ改善されれば世界的に誇れるレベルでしょう。

よって有事の大会としては成功と言っていいかと。このままパラリンピックも無事開催され、成功裡に終えてくれることを願います。