PDF比較アプリ一覧 2021

2年前に書いたPDF比較アプリ一覧というエントリに今でもアクセスがあるのですが、この2年間で私の知見も違ってきたためここに書き直します。

なお、他社製品を試す時間も余力もないので、多くは私の過去の知識、もしくはWebサイトを拝見した上での印象です。よって製品探しの参考資料程度に捉えていただければいいかと思います。

ということで改めて私が知るPDF比較アプリをまとめてみました。

おすすめ5選

まず、活用イメージが容易に想像でき、実用性が見込めるのが以下の5製品です。

Adobe Acrobat Pro DC

提供: Adobe
価格: 1,738円/月(サブスクリプション)
対応OS: Mac/Windows
比較方式: 解析比較
USBドングル: なし
DTP原稿作成機能: なし(手作業で可)
品質証明作成機能: なし(手作業で可)

ドキュメンテーション業界人御用達。普及率は圧倒的なので、これで事足りる方ならアプリは不要ですね。

ただし、PDF比較の機能は動作が重く、比較結果を解読するのも少々厄介な印象があります。使い勝手もバージョンアップのたびに変わりがちです。

また、PDFを解析して比較する方式のため、アルゴリズムが想定しない変更箇所は見逃します。

Proof Checker PRO

提供: 株式会社Too 大阪支社
価格: 100万円超
対応OS: Mac/Windows
比較方式: 解析比較/ヴィジュアル比較
USBドングル: あり
DTP原稿作成:
品質証明作成:

ドキュメンテーション業界で圧倒的な信頼を得ている最強PDF校正ソフトウェア。Acrobatよりも高い精度の比較結果を返してくれる印象です。ただし、お値段が。個人の制作者には全く手が出ません。

また、コピープロテクトがあり専用のUSBドングルを装着したPCでしか起動できないため、一度に一人ずつしか使えません。USBドングルはテレワーク用に誰かが持ち帰ることもできないでしょう

なお、以前のバージョンではPDFを解析して比較する方式だけでしたが、現在のバージョンではPDFページを画像としても比較できます。

BitMatch Premium

提供: エコーインテック株式会社
価格: 86,900円(税込)/1ライセンス
対応OS: Mac/Windows
比較方式: ヴィジュアル比較/テキスト比較
USBドングル: あり
DTP原稿作成: あり(次行程への申し送りPDFを作成可能)
品質証明作成:

解りやすい機能紹介動画がWebサイトに掲載させれているので、気になる方はご覧ください。

ページまたぎのテキスト比較やdiffによるテキスト比較もできるようです。

新バージョンでは次の行程への申し送り付きPDFを描き出せるようになっています。

なお、コピープロテクトがあり専用のUSBドングルを装着したPCでしか起動できないため、一度に一人ずつしか使えません。USBドングルはテレワーク用に誰かが持ち帰ることもできないでしょう

ただし、私がかつて在籍した制作会社では導入しておらず馴染みがないので、多くを語ることは差し控えます。

Before After CV

提供: 株式会社 シーティーイー
価格: 個人版 88,000円(税込)/サーバー版 407,000円(税込)
対応OS: Mac/Windows
比較方式: ヴィジュアル比較
USBドングル:
DTP原稿作成:
品質証明作成:

印刷会社における製版の現場で使われていると伺っています。

誰でもダウンロードできる製品マニュアルを読む限りではコピープロテクトのUSBドングルは採用してなさそうですが、個人版のライセンスが特定のPCに固定されるのか、それともシリアル番号を知る特定の個人に紐付けられるのかは解りませんでした。もし後者なら自宅のPCにもインストールしてテレワーク時も使えて便利そうです。

なお、私が在籍した制作会社では導入しておらず馴染みがないので、多くを語ることは差し控えます。

XOR for Mac/Windows

提供: FROGFISH
価格: 2,000円(税込)/月(サブスクリプション)
対応OS: Mac/Windows
比較方式: ヴィジュアル比較
USBドングル: なし
DTP原稿作成: あり
品質証明作成: あり
XOR for Mac Version2.0のアイコン

XOR

リアルタイムPDF比較ビューワ

2,000円(税込)/月
(サブスクリプション)

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

当方が提供する製品。5製品の中では最も安価なアプリです。

「高度だけど使いこなすのが大変なアプリではなく、必要十分ながら単純明快の方を目指す」という思想から搭載機能を必要最小限に絞り込んでおり、難しい設定項目もないので誰でもすぐに使いこなせるでしょう。

最新バージョン(Mac版)では、クライアントに提出する品質証明(修正を依頼された箇所以外どこも変えてないと証明するPDF)を書き出せます。同じ機能を持つWindows版も追ってリリース予定です。

なお、コピープロテクトのUSBドングルはなく、同じアカウントなら会社でも自宅でもお使いいただけます。

月額2,000円のサブスクなので、制作スタッフ全員分を導入すれば、誰もがいつでも存分にPDFを比較でき、品質確保と時短によるコストカットに繋がります。解約や再契約も自由です。

これらの内、どれが最適かは個々の業務内容、対象の制作物、予算、スタッフ構成、テレワークの有無などによって違ってくるはずですが、もし意中の製品がまだないなら取りあえずXORをお試しいただきたく思います。その上で、XORに満足できなければ他の製品を検討するといいでしょう。

XORには1ヶ月の無料試用期間があり、期間終了後も2,000円/月のサブスクリプションでお使いいただけるため、最適な製品を探す上でコスト的に有利です。

その他

上記5製品の他にも多くの製品があるものの、私の経験と知識に照らし合わせた限りでは活用イメージが湧かないので、下記の通り簡単な紹介にとどめます。

DiffPdf

価格: $160(オープンソース版は無料?)
対応OS: Mac/Windows
比較方式: 解析比較

一説ではAcrobatよりも高精度とも言われるものの、私が試した限りでは違いは見受けられませんでした。逆に言えば「Acrobatは無料のReaderで事足りる。PROの各種機能は要らない」という方にはいいかもしれません。

WinMerge

価格: Free
対応OS: Windows
比較方式: テキスト抽出比較

いわゆるDiffですね。無料なのでテキストオンリーのPDF比較には最適でしょう。

PDF24 Tools

価格: Free
OS: -(Webサービス)
比較方式: テキスト抽出比較

無料のWebサービスという点が素晴らしいです。モード選択に「ビジュアル」があるものの私の環境では選べませんでした。また、比較結果を読み解くのはコツが要りそうです。

diff-pdf

価格: Free
OS: -
比較方式: ヴィジュアル比較

XORと同じ目的のアプリです。GPLのオープンソースなのでソフトウエア開発やコマンドラインの利用に精通している人にはいいかもしれませんが、私はセットアップの途中でギブアップしました。

Brava Desktop

価格: 37,500円〜(画像対応版/マークアッププラス)
OS: Windows
比較方式: ヴィジュアル比較・テキスト比較

Webページを眺めた感じではCAD向けの製品という印象です。機能構成ごとにたくさんのエディションに分かれていて価格も違います。

Antenna House リグレッションテストシステム

価格: 要問い合わせ
OS: Windows/Linux
比較方式: ヴィジュアル比較

PDF(出版物、画像、ビジネス文書など)を高速かつ自動で比較するシステムです。

PDF比較Finder

価格: 198,000円〜
OS: Windows
比較方式: ヴィジュアル比較

おそらくCADなどの図面や帳票を比較することが目的のアプリです。

dproofs

価格: 1,980円(スタンダードプラン)
OS: -(Webサービス)
比較方式: ヴィジュアル比較

PDFを比較して差分を表すファイルを作ってくれるWebサービス。変換エンジンは共有らしく利用者が多ければ順番待ちが発生するようです。

クラウドファンディング

クラウドファンディングで資金集めをしたいと考えています。

クラウドファンディング

目的はXORの追加開発費確保。ワンストップ校正の機能を搭載したXOR for Windows Version 2.0、そしてVersion 3.0や4.0とも言うべき追加開発を行ってデジタル校正支援アプリとしての利便性を高めたいのだけど、手持ちの資金では心許なくて。

でも、これが難しいのですよね。

課題1:開発名目

開発目的名目で資金集めするには、何を作るかを明確にして公表する必要があるはずだけど、アプリの全容はリリース時まで明かしたくないのですよね。途中で仕様変更したくなるかもしれないし。

物理的な実体があるハードウエア製品の場合、試作品を完成させて「これを量産したいので、応援の出資をお願いします」と言えるけど、仕様が固まりきっていないソフトウエアの場合はそうもいきません。

課題2:還元

仮にどうにかして課題1を突破できたとしても、出資者に対してどう返礼していいものか悩みます。

XORのサブスク費が月2,000円だから「出資2万円で15ヶ月間のサブスク無料」とかができればいいけど、Mac App StoreやMicrosoft Storeは対応していません。

展望

さて、どうしたものか。サブスクリプション数がぐっと伸びてくれると自己資金に余裕ができて状況も変わりそうなのだけど。やっぱり借り入れするしかないかな。

プロセスエコノミー

ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか』の6月30日放送ではIT批評家の尾原和啓さんがゲストでした。

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!
辛坊さん自身は太平洋ヨット航海の帰路につきました

語られたのは「プロセスエコノミー」について。何でも「モノづくりにおいて、もはや機能では差別化できない。ならば成果物よりもプロセスの方が価値を有する」とのこと。あるいは「プロセス込みの成果物に価値を高められる」のだと。なるほど、その通りだと思います。

差し当たりXORの場合、開発過程を公開して共有するのは無理だけど、そのバックグラウンドなら語れます。

1. 課題の発見

2016年秋、私は都内のドキュメント制作会社に再就職しました。その会社では主に編集者として取扱説明書の制作に携わったのだけど、現場では実にアナログな校正がなされていました。校正紙をいちいちプリントアウトして目視でDTP原稿と見比べる感じです。

そのため校正能力が問われる上、やたらと時間がかかるし、ときには無用な変更の見落としも発生します。DTP原稿の修正指示とは違う箇所が変化していても、なかなか気づけないものです。

よって「これはアプリを導入して効率化を果たさないことには」と思いました。

2. 既存の解決策

もちろんそんな非効率なやり方を誰も問題視しなかったわけではなく、その部署でも1ライセンスが100万円を超える有名なPDF比較アプリを導入していました。

ただし、アプリにはコピープロテクトがあり専用のUSBドングルを装着したPCでしか起動できず、利用者が限られていました。使用を禁止されてはいなかったものの、締め切りが重なると重要案件を手がけるベテラン編集者が優先されるため、私のような新入りやDTPオペレータ、その他のスタッフは使用を遠慮すべきと言わんばかりの空気感が醸成されていて。

よって各人は代わりにAcrobatのPDF比較を使っていたけど、ご存知の通り精度が高いとは言えなくて。

3. 転機

それでも日々業務をこなしていたものの、2018年春、会社の業績不振を受けて「賃下げか退職か」を迫られました。その会社が長年続けてきた採算度外しの受注に限界がきた形です。結局、その部署では私を含めた何人もの制作スタッフが立て続けに退職しました。

そうして退職が決まり、身の振り方を考えた末に思いついたのが「だったら理想のPDF比較アプリを作って世に送り出してみようじゃないか」でした。業界大手のその制作会社でも制作業務を改善する余地があったのだから、より小さい制作会社、そして個人の制作者ならなおさらだろうと。

4. プロセスエコノミー

その後、予想以上に時間はかかったものの一応の完成をみてリリースするに至ったのがXORです。

コンセプトは「必要十分なPDF比較をすべての制作者に」ですが、まだ完全体だとは考えていません。新機能のアイディアもたくさんあるし、リクエストがあれば検討したいので、ぜひお寄せください。

そうして、ユーザや潜在的ユーザの意向も交えながら発展させて行かれるといいと思います。本当は新機能開発費のクラウドファンディングができればいいのだけど、Mac App AtoreやMicrosoft Storeだと出資者への還元が難しくて。

拡大してください

前日、XORのユーザ様から「XORでは平方メートルと立方メートルが見分けづらい」というお問い合わせをいただきました。XORは二つのPDFをヴィジュアル的に比較するため文字コードによる違いを判別できません。

そこでこのようなデータを用意して検証することに。左が㎡(平方メートル)と㎥(立方メートル)、右がその反対の並びです。

文字検証サンプル

この二つのPDFをXORで比較すると確かに見分けづらいですね。私の環境で等倍で判読できるのは13pt以上でした。しかも、そこに違いがあると判った上での検証なので通常の校正では見逃したかもしれません。

そもそも㎡や㎥の右肩の「2」や「3」は「m」の1/3弱のサイズ。文字サイズが10ptならは2.9pt相当です(ヒラギノ角ゴシックW3の場合)。3ptかそこらの文字は画面上ではなかなか見分けられないですよね。2と3は上半分の形状も似ているし。

とはいえ一般的な印刷物では11pt前後の文字を使うことが多いので、どうにかしたいところです。

差し当たり、細部まで確認したいときは拡大表示をお使いいただきたいと思います。XORのウインドウの左上にボタン類が並んでいます。左から3番目、+マークの虫眼鏡が拡大ボタンです。押すたびにページの表示倍率が上がります。

XORのボタン類

ただし、小さな文字を拡大しても細部はビットマップが潰れるので、先のバージョンアップでは解像度を上げるなど何らかの対応をしたいと思います。

ミスは知らないうちに起きている

最近このWebサイトを改変しました。といってもデザインを差し替えた程度ですが、あるときiPhoneでサイトにアクセスするとこの通り。

iPhoneで表示したXORのサイト
見出しの文字がやたらと大きく、Youtube動画も右側にはみ出しています。

先日までまともに表示されていたはずなのにスマホ向けのcssが適用されていません。変更した覚えはないのだけど。いや、最近MediaQueryとは無関係な箇所を修正した記憶はあります。その際に余計な変更を加えてしまったのでしょう。

実はこの手の怪現象(?)は印刷物制作においても時々発生します。DTPオペレータがDTP原稿の修正指示とは違うところをいじってしまったけど本人にはその覚えがないものだからそのまま編集者に提出。編集者もDTP原稿に修正指示がない箇所の変更には気づかずクライアントに提出。クライアントも同様に見逃して校了。でも、印刷してからミスが発覚して大問題に発展するとか

無意識な変更の原因は色々考えられます。例えば、ある要素を追加する際にレイアウトの都合から近隣の要素を移動させ、戻し忘れたとか間違ったところに戻してしまった場合です。

あるいはDTPデータの整理中にファイルの名前や保存場所を変えればDTPデータを触ってなくても画像が差し変わりかねません。

もっと単純な例だと、command + c(WindowsならCtrl + c)のつもりでcommand + v(Ctrl + v)を押して選択範囲のテキストを書き換えてしまったり、余計なテキストボックスを貼り付けてしまうことも考えられます。他にも色々なパターンがありそうです。

これらを防止するために有効な手段は「提出前にPDF比較アプリを必ず使う」です。「誰も完璧ではない。予期しないミスは常に起こりうる」という心構えで臨むと。

ただし、それには誰もがいつでもPDF比較アプリを使えることが重要です。その点、XORは月額2,000円(税込)のサブスクリプション提供なので、企業ならスタッフ全員分を、個人でも無理なく導入できるでしょう。そうすることで、誰もが新旧PDFを比較して無意識な変更を発見できます。

XOR for Mac Version2.0のアイコン

XOR

リアルタイムPDF比較ビューワ

2,000円(税込)/月
(サブスクリプション)

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge