MacBook Airが再び故障?

MacBook Air 2018の動作がおかしくなりました。10月に修理したばかりだったのに。

今回の不具合はストレージへのアクセスができないというもの。例えばPhotoshopで画像を加工して保存しようとするとホイールが回り、それっきり。comman + option + escを押すとファインダが「反応なし」の状態になっています。ファインダを再起動しようにも、それっきりです。

ならばとMac自体の再起動を試みるもOSが正常終了しません。何もできないデスクトップだけの画面で固まります。

よって強制終了して再起動するも、Macの起動はうまくいったりいかなかったり。うまくいったときにせめてバックアップだけでもとも思うけど、Time  machineによるバックアップも失敗します。保存用HDDのフォーマットが「ジャーナリングではない」と。でも、ちゃんとジャーナリングでフォーマットしてあるし、何日か前までバックアップは取れていました。

よって、このマシンでできることといえばWebとメールくらい。これらの動作から推測するに、I/Oを司るチップの故障かと。だとするとまたロジックボードの交換か。何日も使えない状況が発生するわけだ。まったくもう。

と思い、善は急げとApple Store川崎に出向きました。渋谷や表参道よりも早い時間帯の予約が取れたので。

Apple Store 川崎
Apple Store 川崎は、駅からラゾーナに向かうと正面にありました

ただし、現地で受け付けをすませて席に座り、担当のジーニアスが来るまでに動作の再現を試みたら現象が発生しません。ちゃんとファイルを保存できます。つまり、本体側の問題ではなかったということですね。あまりに異常な動作だったのと、先日マシントラブルが発生したものだから、てっきり今回もそうだと思ってしまったわけだ。

結局、マシンの診断を受けて「問題なし」との結果を貰っただけで帰ってきました。徒労に終わったけどオープンしたての川崎店には行ってみたかったので、まあいいか。

帰宅後環境を見直してみたところ、半年前に買ったこの製品の不具合であることが判明しました。

Salcar USB3.0 2.5/3.5型 SATA HDD/SSDスタンド UASP対応 パソコンなしで丸ごとコピー 8TB*2対応 アルミ筐体 1年保証

このHDD/SSDスタンドがUSB HUBに刺さっているとダメなようです。macOSは外部装置の不具合と道連れになるのか。知らなかった。

でも試しにMacBook Air 2011(macOS High Sierra)に繋いだら平然と動いたので、MacBook Air 2018またはmacOS Catalinaの問題なのかな。

まあ、HDD/SSDスタンドは1年保証なので年明けに対応してもらおうと思います。このスタンドを買ったことで引退させた予備のHDDスタンドを残しといて正解でした。


追記:

後刻、PC環境を確認したところ、セルフパワーのUSB3.0 HUBから電源ケーブルが抜けているのを発見。これが根本的な原因でしたケーブルを再接続してHDD/SSDスタンドを繋いだら元通りに使えるようになったので。PCの動作が怪しくなったら、まずはケーブル類を確認してみるべきですね。

印刷ジャーナルで紹介していただきました

印刷業界雑誌の印刷ジャーナルのWebサイト(PJ web News)にてXORを紹介していただきました

印刷ジャーナル(PJ web news)のXORの記事

印刷ジャーナル様、ありがとうございました。

この情報によりXORの認知度が高まるとともに、制作における品質管理やコストカットに苦慮されている方々、もっと安価に導入できる校正支援ツールを探しておられる方々などに良きソリューションとして提供できれば幸いです。

NEWPRINETで紹介していただきました

印刷業界ニュースサイトのNEWPRINET(ニュープリネット)にてXORを紹介していただきました

NEWPRINETのXORの記事

NEWPRINET様、ありがとうございました。

この情報によりXORの認知度が高まるとともに、制作における品質管理やコストカットに苦慮されている方々、もっと安価に導入できる校正支援ツールを探しておられる方々などに良きソリューションとして提供できれば幸いです。

スキューバダイビング関連事業

法人設立にあたっては定款を提出しなければなりません。その会社がどんな業務を行うかの申告ですね。

FROGFISH合同会社の第一の事業はPDF比較アプリ『XOR』をはじめとしたアプリ事業です。

ただし、定款には幅広く書いておくことが望ましいとされています。そこで以下も加えておきました。私の趣味の関連です。

  • スキューバダイビング用品の企画、開発

私自身はインストラクターの資格を持っていないので自身でダイビングサービスを開くことは考えられないけど、関連グッズ・ギア類の企画、開発、販売といった事業展開はあり得ると思っています。

実際、XORが軌道に乗ったなら、ぜひとも商品化したアイディアがいくつかあります。

WHAT’S PSYCHEDELIC
地球の海フォトコンテスト2017 自由部門準グランプリ作品『WHAT’S PSYCHEDELIC』。Psychedelic frogsish(アンボンカエルアンコウ)と呼ばれる希少な魚の正面顔。当然、スキューバダイビングによる水中撮影です。

写真・映像事業

法人設立にあたっては定款を提出しなければなりません。その会社がどんな業務を行うかの申告ですね。

FROGFISH合同会社の第一の事業はPDF比較アプリ『XOR』をはじめとしたアプリ事業です。

ただし、定款には幅広く書いておくことが望ましいとされています。そこで以下も加えておきました。私の趣味の関連です。

  • 写真や映像の撮影および制作

水中写真家としての私の力量は「アマチュアの中では良い方かも」といったところ。地球の海フォトコンテストの実績も自由部門準グランプリ止まりですが、法人なら必ずしも私自身が取り組む必要もないわけです。どなたか有望なフォトグラファーと組んで何かしらのマネジメント業務を代行したり、大勢で作品を持ち寄ってメディア展開するような活動は考えられましょう。

WHAT’S PSYCHEDELIC
地球の海フォトコンテスト2017 自由部門準グランプリ作品『WHAT’S PSYCHEDELIC』。Psychedelic frogsish(アンボンカエルアンコウ)と呼ばれる希少な魚の正面顔です。