45歳以上が首切りに?

希望退職者を募る企業が増えています。45歳という線引きが多いようだけど、中には40歳の企業もあるそうで。寒い時代になったものです。労働者不足や70歳への定年延長が囁かれている一方で「もはや熟練者は不要」「若くて安く使える人材だけで十分」と言っているようなものだし。

さしあたり私の古巣のドキュメント制作の業界ではどうなのかな。その大半は一部上場の製造業企業のような高級取りではないと思うけど、諸般の事情で退職を余儀なくされることもあるでしょうね。

そう、45歳以上ともなると自身の健康問題や親の介護に直面しかねない世代。希望退職に応募せずとも常勤が困難になったりして自主的に苦渋の決断をせざるを得ないケースは増えるでしょう。特に東京圏では介護医療の機会を得にくいだろうし。

つまり、ドキュメント制作においても熟練者をあてにできない時が来るかもしれません。だとしたら対策の一つはツールを導入して業務を最適化することです。熟練技術を持たない者でも業務を遂行できるように。

他方で通勤が困難でも在宅でなら働ける人もいるでしょう。

それらのニーズに対して、品質管理の側面ではXORが貢献できると思います。XORを使うと経験の浅い人が見落としそうな余計な変更も簡単に見つけられるから。客観的な検証を助けるのでダブルチェックができない環境でも有効です。

30日間の無料試用期間があるので、選択肢の一つとして考慮していただければ幸いです。

XOR appicon_128

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です