DiffPDFを試してみました(2)

DiffPDFを別のテストデータでも試してみました。このblogで度々登場するいつもの「FROGFISH WORLD」です。

まず、一番頼りになるAppearanceモードの比較結果はこちら。

DiffPDF result : Appearance
DIffPDF Appearanceモードの比較結果

なんと両方のページ全体が黄色く着色されてしまいました。これだと何も見つけてくれなかったのと同じです。推測するに、差異を探すアルゴリズムが「背景色は白」という前提で比較しているのではないかと。

そしてCharactersモードとWordsモード。

DiffPDF result : Characters
DIffPDF Charactersモードの比較結果
DiffPDF result : Words
DIffPDF Wordsモードの比較結果

ほぼ同じですね。Charactersモードは文字単位比較なので「Yogata」と「YOGATA」の先頭の「Y」の字が差異から除外されているだけで。

そして「TROPICAL PACIFIC」という白文字のフォントの違いはどちらのモードも見逃しています。

ちなみに「TROPICAL PACIFIC」はAdobe Acrobat PRO DCのPDF比較でも見逃されてしまう箇所です。

そう、PDFのデータを解析して比較する方式だと100%の比較結果が出ないのが以前から解っていたので、「その弱点を補うアプリには需要があるはず」と踏んでヴィジュアル比較方のXORを開発してリリースしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です