「XORなんて…」と思うなら

XORはPDF差異検出ツール、あるいはPDF比較ツールと呼ばれる類いのアプリです。

この分野はそこそこ歴史も長く、多くはないけど既存製品がいくつかありますAdobe Acrobat Pro DCProof Checker PROといった定番アプリの他にもフリーで使えるものも存在しています。

よってXORを知ったところで「無名の有料アプリなんか要らない」と思われる方は多いでしょう。そこで実例をもってXORの有用性をアピールしたいと思います。

例えばこちらの二つのPDF。

NTTの光回線の機械に付属する取扱説明書の新旧バージョンです。特に許可は得ていないものの、公開されているので使わせていただきました。

これをAcrobatで比較するとこんな感じ(クリックで拡大表示)。

Compare result by Acrobat
ハイライトの箇所をクリックすると「画像が置換されました」といった変更内容が表示されます

少なくとも私にとってはこれが見やすい、解りやすい比較結果には思えないのですよね。私の注意が散漫なのかもしれないけど、せっかく差異を見つけてくれても見落としそうになるので。昔のAcrobatでは引出し線付きで図解してくれていて便利だったけど、そのモードは今では無くなったみたいですね。

これに対してXORにおける比較結果はこの通り。

Compare-result-by-Acrobat
青や赤がにじんでいるところはすべて差異です

私にとってはXORの方が既存のどのPDF比較アプリよりも差異の箇所を探しやすいと思うのでですが、いかがでしょう?

というわけで、ぜひ他のお気に入りアプリでも試してみてください。XORよりも良いアプリが見つかるかもしれないけど、XORの方がいいと感じる方もおられるかと思うので。

なお、XORには決定的な弱点があることも把握しています。よって次のバージョンではその点を克服した機能を搭載する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です