テレワーク制作の強い味方

39県に対する緊急事態宣言が先行解除となりました。残る8都道府県については来週以降に判断されるとのこと。でも、解除は収束の意味ではなく、気を抜けばウイルスが再拡大しかねないので警戒の継続が必要です。政府も引き続きテレワークを推奨しています。

とはいえ、印刷業界の、特に中小規模の会社ではテレワークへの対応がまだあまり進んでいないとも聞きます。でも、そのままでは命取りにもなりかねません。運悪く社内から感染者が出ればしばらくオフィスを閉鎖して他の社員への感染状況の様子を見ざるを得ないのだから。そもそも経済が低迷して需要が減っている中で希少な制作業務が軒並みストップするようでは会社存亡の危機に晒されます。

しかも秋冬の第二波はインフルエンザの流行とも重なって、より深刻になるとも言われいるので、制作者各人がテレワークできる体制づくりは急務。自治体によってはテレワーク推進に補助金を設けているので存分に活用するべきです。

ただし、パソコンやインターネット環境を取り揃えるだけでなく、テレワークでも生産性が落ちない、あるいはむしろ向上するようなところまで持っていくことが重要です。校正紙の扱いを始め、テレワークではオフィス勤務の時とは仕事のしかたを変えざるを得ません。ならば、アプリ類もテレワークに適したものが必要になります。そして、PDF比較(検版)アプリ『XOR』はテレワーク制作の強い味方になってくれるはずです。

そこでXORに関する新しい説明動画を二本公開しました。制作者がテレワークに取り組む場合の参考にしていただけるかと。

作りが稚拙で見づらさ聞きづらさは否定できないけど、何とか要点は伝わるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です