変わってないところを探すべし

おかげさまでXORに対する引き合い、お問い合わせが少しずつですが増えてきています。ありがとうございます。このまま勢いに乗れれば新機能の搭載時期も近づきます。

さて、PDF比較(検版)アプリは「変わった箇所を探すために使うもの」と思われがちですが、XORの最も効果的な使い方は「無用な変更が生じていないかの確認」です。

もちろん「変わったところを探す」と「変わっていないところを探す」は同じ作業の裏表なのだけど、どちらに主眼を置くかによって得られる成果、そして最適なアプリは違ってきます。

DTPではときおり無用な修正が紛れ込みます。それ自体は避けられないので確実に見つけて対処するしかありません。もちろん頻繁ではないもののベテラン制作者は過去に何度も痛い目に遭っているため、変更が起きていないはずの箇所も広範囲に確認する癖がついているはずです。でも、長い時間をかけても何も見つからない場合も多く、しかもそれは無用な変更が無かったことを意味しません。散々時間を費やした上に見逃すこともあり得ます。

そこでXORを使って「変わっていないはずのページや箇所が無変化だった」と確信できれば疑心暗鬼のストレスから解放されるし、それらを確認対象から除外することで工数削減、コストカットできる制作現場があるはずです。実際、私の前職の取扱説明書制作がそうでした。そう、私には「XORみたいなアプリを使えていれば、あの時の手痛い見逃しは避けられたはずだよなぁ」と思い当たる節がいくつかあって

シンプルな機能しか持たないXORですが、二つのPDFで対になるページを画像化して比較するため、変わっていないことを確かめるには十分です。そして最も手頃に導入できるアプリだと思います。

XORによって削れるコストは「無用な変更を探す」という作業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です