イオン銀行の法人口座

起業にあたっては会社の銀行口座が必要です。

私の場合、近所にイオンの店舗がオープンしたのでイオン銀行が最も使い勝手が良さそうだったけど、イオン銀行の担当者に法人口座を作りたいと申し出たらあえなく断られました。設立時期を訊かれ、「少なくとも1〜2年の運営実績が必要」とのことで。

メガバンクの法人口座開設は難しいと聞いていたけど、メガではないイオン銀行もそうみたいですね。

イオン銀行のカード

もちろん個人口座ならイオン銀行でも問題なく作れるはずだけど、個人口座を会社用に使うのはどうかと思います。川崎市では社会保険の引き落としに法人口座が必須なようだし。

まあ、食い下がったところでどうにもならないだろうから「制限付きでもいいのでスタートアップ用口座開設を検討して」とリクエストして撤退しました。

MacBook Airが再び故障?

MacBook Air 2018の動作がおかしくなりました。10月に修理したばかりだったのに。

今回の不具合はストレージへのアクセスができないというもの。例えばPhotoshopで画像を加工して保存しようとするとホイールが回り、それっきり。comman + option + escを押すとファインダが「反応なし」の状態になっています。ファインダを再起動しようにも、それっきりです。

ならばとMac自体の再起動を試みるもOSが正常終了しません。何もできないデスクトップだけの画面で固まります。

よって強制終了して再起動するも、Macの起動はうまくいったりいかなかったり。うまくいったときにせめてバックアップだけでもとも思うけど、Time  machineによるバックアップも失敗します。保存用HDDのフォーマットが「ジャーナリングではない」と。でも、ちゃんとジャーナリングでフォーマットしてあるし、何日か前までバックアップは取れていました。

よって、このマシンでできることといえばWebとメールくらい。これらの動作から推測するに、I/Oを司るチップの故障かと。だとするとまたロジックボードの交換か。何日も使えない状況が発生するわけだ。まったくもう。

と思い、善は急げとApple Store川崎に出向きました。渋谷や表参道よりも早い時間帯の予約が取れたので。

Apple Store 川崎
Apple Store 川崎は、駅からラゾーナに向かうと正面にありました

ただし、現地で受け付けをすませて席に座り、担当のジーニアスが来るまでに動作の再現を試みたら現象が発生しません。ちゃんとファイルを保存できます。つまり、本体側の問題ではなかったということですね。あまりに異常な動作だったのと、先日マシントラブルが発生したものだから、てっきり今回もそうだと思ってしまったわけだ。

結局、マシンの診断を受けて「問題なし」との結果を貰っただけで帰ってきました。徒労に終わったけどオープンしたての川崎店には行ってみたかったので、まあいいか。

帰宅後環境を見直してみたところ、半年前に買ったこの製品の不具合であることが判明しました。

Salcar USB3.0 2.5/3.5型 SATA HDD/SSDスタンド UASP対応 パソコンなしで丸ごとコピー 8TB*2対応 アルミ筐体 1年保証

このHDD/SSDスタンドがUSB HUBに刺さっているとダメなようです。macOSは外部装置の不具合と道連れになるのか。知らなかった。

でも試しにMacBook Air 2011(macOS High Sierra)に繋いだら平然と動いたので、MacBook Air 2018またはmacOS Catalinaの問題なのかな。

まあ、HDD/SSDスタンドは1年保証なので年明けに対応してもらおうと思います。このスタンドを買ったことで引退させた予備のHDDスタンドを残しといて正解でした。


追記:

後刻、PC環境を確認したところ、セルフパワーのUSB3.0 HUBから電源ケーブルが抜けているのを発見。これが根本的な原因でしたケーブルを再接続してHDD/SSDスタンドを繋いだら元通りに使えるようになったので。PCの動作が怪しくなったら、まずはケーブル類を確認してみるべきですね。

dproofs

「DTP 校正」で検索してみたら、「dproofs」というPDF比較のWebサービスが見つかりました。新旧のPDFをアップロードすると比較結果をPDFとして作成、ダウンロード可能にしてくれます。

dproofs

しかも制限つきながらフリープランは無料、スタンダードプランでも月額1,980でXORとほぼ同額です。

ただし、比較したいPDFのペアをアップロードした後、サービス側の混雑具合によっては待たされるようなので、リアルタイム性を重視したXORとは目指すところが違うと言えそうです。

嵐のち晴れ

12月2日(月)のお昼頃、合同会社設立のために横浜の法務局に出向きました。新会社の所在地は川崎市だけど、そこでしか申請できないとのことで。各県ごとに一箇所なのかな。

手続き自体はあっという間に終了しました。現地で6万円の印紙を買い、あらかじめ作っておいた書類に貼って提出するだけだったので。その場での内容確認はなく、何か不備が見つかれば6日(金)までに連絡が来るとのこと。そして順調なら12月9日(月)の午後には手続き完了となる運びでした。

収入印紙6万円分

さて、大変だったのは帰り道。法務局から桜木町の駅に向かう途中、大雨と強風に見舞われて。後から知ったのですが、どうやらこの時間帯は横浜に大雨洪水警報が出ていたそうで。結果、傘は折れそうになる上、横殴りの雨で下半身はびっしょり。歩くのも大変な状況でした。

そんなわけで、縁起を担ぐらなら新会社の先行きが危ぶまれるけど、嵐が過ぎ去った後は晴れ間も見えていたし、翌日からはしばらく晴天続き。私の会社もぜひそうであってほしいものです。当初は苦労するとしても、いずれ好天に恵まれるという。

なお、申請の5日後くらいに法人番号指定通知書が郵送されてきました。

Mac版XORの障害が治りました

Mac版のXORで、サブスクリプション契約後にアプリが利用できなくなる障害の件、原因はアプリ側の誤動作でした。

修正バージョンがすでにMac App Storeよりリリースされていますので、試用期間中の方は頃合いを見てアップデートしていただけますよう、お願いいたします。

About Version-1.2_30
修正済みバージョンは1.2(30)です。
App icon of the XOR

XOR

リアルタイムPDF比較ビューワ

2,000円(税込)/月
(サブスクリプション)

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja