Frontpage-ja

二つのPDFを
リアルタイムに比較

XOR(エックスオーアール)は修正の前と後の二つのPDFをリアルタイムに比較するビューアアプリ(Mac/Windows)です。

もう比較の結果表示で待たされることはありません。XORでは比較を始めるとすぐさま結果が表示されます。

差分は二種類の方法で表示できます。

  • XOR比較方式(透かし表示)
    透かし表示(赤や青が差分)
  • XOR比較方式(アオリ表示)
    アオリ表示(瞬く箇所が差分)

リアルタイム比較の動作は動画『XORの使いかた』でご確認ください。

ご試用

XORには1ヶ月の無料試用期間があります。それぞれのストアからダウンロードしてお試しください。

Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
Microsoft Store Badge

Windows版ではアプリを初めて起動した際にサブスクリプション契約を求められますが、すぐさま解約しても期間いっぱいご試用いただけます。もちろん課金されることはありません。

使いかた

XORの使いかたと、どのように動作するかをこちらの動画でご確認ください。

その他の解説動画

用途

印刷物の制作では、修正と校正を繰り返して完成を目指します。

XORは校正における以下の確認に最適です。

  • どこが変わったか?
  • その変更は正しい修正か?
  • 修正漏れはないか?
  • 無用な変更が紛れていないか?

プリントアウトした校正紙を見比べて変更箇所を探すのは大変な作業です。それには高いスキルと集中力、そして多くの時間を要します。

でも、XORを使えば変更箇所を素早く洗い出せます。つまり、変更されていないページや箇所も把握できるので、確認対象から外せば校正の作業時間を短縮できます。

サブスクリプション

XORは月額2,000円(税込)のサブスクリプションで提供されます。そのため会社は制作スタッフの増減に合わせて契約数を見直せば無駄もありません。

500円硬貨4枚

また、2,000円は時給換算だと1〜2時間相当。つまり制作スタッフ全員分を導入しても各人の残業を2時間減らせれば元が取れます。

USBドングル不要

XORにはUSBドングルによるライセンス管理がなく、同じアカウント(Apple IDまたはMicrosoft アカウント)なら一つのライセンスを会社でも自宅でも旅先でもお使いいただけるためテレワークにも最適です。

XORを導入すれば、緊急対応が発生した際の休日出勤や旅行のキャンセルをしなくても良いかもしれません。

ノマドワーカーのイラスト

待ち時間はコスト

業務において待ち時間はコストです。

例えばUSBドングルをシェアするタイプのPDF比較アプリでは、アプリ利用の順番待ちが発生するかもしれません。また、比較を始めてから結果が表示されるまでに時間がかかるアプリでも待ち時間が生じます。

あるいはDTPの仕上がりまで待機して、校正作業が夜になれば、残業代とでダブルのコスト増です。もちろん帰宅も遅くなります。

でも、XORのように制作スタッフ全員分を導入でき、サクサク動作し、家でも使えるPDF比較アプリがあれば、これらのコストは圧縮できます。

コスト圧縮

使い勝手 > 機能

Simple is best(シンプルイズベスト)。使い勝手の良さは時に機能の充実ぶりを凌駕します。

XORは比較するPDFの特徴ごとに比較設定を調整する必要がありません。比較結果も直感的に解るので難解なレポートを読み解く手間もありません。

使いかたが簡単で軽快に動くシンプルなアプリをフル回転させれば、使い手を選ぶ多機能アプリより多くの成果を得られることもあります。

使い勝手は機能に勝る

差分を見逃さない

XORは二つのPDFをビジュアル的に比較するので、目視で判読可能なあらゆる差異を見つけます。

二つのPDFを解析して付き合わせるタイプのPDF比較アプリでは、比較のアルゴリズムが想定していない変更が起きていれば見逃すこともあり得ます。

ルーペ

Mac & Windows

XORにはMac版とWindows版があります。アイコンをクリックするとそれぞれのアプリ説明ページに移動します。

macOS series Microsoft Windows 10
Mac版 Windows版

虎の巻

アイコンをクリックするとXORを使う際のヒントのページに移動します。

App Icon with "Tips"