Acrobatの弱点を絶妙に補うアプリ

動画「Acrobatの弱点を絶妙に補うアプリ」を公開しました。

そう、PDF比較の世界で最も普及しているアプリがAdobe Acrobat Pro。何しろ印刷業界では必須アイテムなので。

ただし、そのPDF比較は、うまくいく時もいかない時もあるという代物。PDFのデータを解析して突き合わせる方式なので、比較のアルゴリズムが想定しない変更は見逃されます。校正の重要な目的が「無用な変更が起きていないかの確認」ですが、残念ながら「Acrobat ProのPDF比較をかけたから安心」とはいきません。

また、印刷会社や制作会社でも、立場によってはAcrobat ProではなくAcrobat Readerを使っている人も少なくないかと。無償のReaderにはPDF比較機能がありません。

よってAdobe Acrobat Pro/Reaerの唯一の弱点とも言えるPDF比較を補うためにXORをお使いいただければ幸いです。

そう、予算の都合などから結果が不確実なAdobe Acrobat ProのPDF比較機能を使っていたり、そもそもPDF比較アプリを使わず、校正紙ベースの校正を続けている制作者もまだまだ多いと聞いています。

だったら、月額2,000円サブスクのXORを是非お使いいただきたいところです。XORはPDFを解析せず、見た目の違いを見つける方式なので、目視で判別可能な違いは見逃しません。そうして修正前と後のPDF間の変更箇所の洗い出しが簡単にできるので、確認対象を絞り込めば毎月2,000円以上の導入効果がきっと得られるはずです。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

新型コロナにはGPUアンクレットが必要では?

新型コロナウイルスの感染者増加が止まりません。昨日は全国で1,592人の陽性者が確認されました。

ただし、日本では死亡率が極めて低いばかりか陽性者の大半は無症状もしくは軽症とのこと。それでも新型コロナウイルスは指定感染症のため、陽性者は入院なり宿泊施設での隔離生活を強いられます。

PCR検査
陽性者の大半は無症状か軽症なのに隔離が必要。

でも、こんなことをしていては秋冬のインフル流行期が来る前にパンクしかねません。新型コロナ自体は高齢者や既往症をお持ちの方以外には深刻ではないのに、法律の立て付けや運用の拙さのせいで医療破綻しかねないわけです。

よって家族や他者と同居していない陽性者には自宅隔離を求めるような話もあるけど、自由に外出できるようなら感染を拡大させかねません。

そこで妥当に思えるのが「単身で無症状の陽性者にはGPS付きのアンクレットをつけて帰宅してもらう」です。セットした自宅のGPS座標から一定距離移動したらアラームが鳴ると。そうして2週間かそこら自宅に篭ってもらいます。

もちろんアンクレットは防水仕様で取り外し不可。体温計や緊急連絡用のボタンなんかもついていると理想的です。

GPSによる行動監視だと自宅マンションの1Fのコンビニとかには行かれるかもしれないけど、まあその程度。何ならスマホとペアリングしてログを残す感じでもいいでしょう。例のCOCOAアプリを拡張すればいいし。

懸案があるとすれば、アンクレット着用者と解ると差別を受けかねないことかな。でも、自主隔離生活を徹底している限り問題はないかと。

電動自転車みたいな校正ツール

動画『電動自転車みたいな校正ツール』を公開しました。XORのユニークな利用例も紹介しているので、よかったらご視聴ください。

内容はXORのお手頃さのアピールです。

他社製のPDF比較アプリを自動車に例えるなら、XORはさながら電動アシスト付き自転車のような感じです。

車には自転車にはない利点がたくさんあります。

  • 広い行動範囲
  • 乗れる人数が多い
  • 荷物をたくさん載せられる
  • エアコンあり
  • ステレオあり
  • カーナビナビあり
  • 風雨の影響を受けない
  • 体力を使わない

とはいえ自転車にも用途によっては有利な場合もあります。例えば子供の保育園への送り迎えや街のスーパーへの買い物程度に限れば、時には歩道も走行可能な自転車の方が有利だったりするので。そして何よりも価格や維持費が車よりも格段に安くてすみます。XORも同様です。

もちろん機能が充実した他社製のPDF比較アプリをいつでも占有して使えるならXORは不要かもしれません。でも、社内で一人ずつしか使えず順番待ちが発生したり、自宅に持ち帰って使えないといった事情もあろうかと。

よってサブスクで会社でも自宅でも使えるXORも導入して、併用してはいかがでしょうか。

制作コストはもっと減らせる

動画『制作コストはもっと減らせる』を公開しました。

内容はコストカットの手段の提案と、私がXORを開発しようと考えたきっかけです。そして後半はアプリの使い方説明になっています。

おそらく他社製のPDF比較アプリを導入した制作組織では、そのアプリを「提出前の確認用途」に使っているのではないかと。実際、私の古巣がそうでした。何しろ100万円を超えるアプリはおいそれと買い足せないので、使う人、使う場面はどうしても限定されていました。

でも、それではPDF比較アプリの導入効果が限られてしまうということを説明しています。

よかったらご視聴ください。

直販モデルの最大ネック

XORの提供はMac App StoreとMicrosoft Storeにおけるダウンロード、サブスクリプションのみで、他の販路はありません。この方式はコスト面で有利な反面、デメリットもあります。それは「商社の力を借りられない」です。

印刷業者の中には機材やアプリ類を商社を通じて調達している企業が多々あります。でも、XORはダウンロードによる直販なので、商社を介在させようにも成功報酬のバックマージンをお支払いできません。クライアント企業にXORをお勧めいただいたとしても、どの新規契約が商社のご尽力によるものなのか見分けがつかないからです。仮にクーポンか何かで追跡できたとしても、そのユーザが試用期間中に解約するかもしれないし、そもそもXORは1本あたり月額2,000円。商社は百円かそこらのバックマージンのために動いてくれませんよね。

とはいえ、商社に取り扱ってもらうべく物理的なパッケージを作るとなると、そのためのコストはもちろん、コピープロテクト(ドングル方式?)が必要になり、在庫管理やユーザ登録管理の手間隙も発生します。正直、体力的に無理です。それに、ドングルを採用すれば「いつでも使える」というコンセプトも崩れます。

よって今後も商社に頼れず、地道に周知活動を行って少しずつサブスク契約者を増やしていくしかなさそうです。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge