iPhoneの操作が劇的に楽になる

私もiPhoneユーザ歴が10年を超えてるものの苦手な操作があります。スクリーンショット撮影、そして再起動です。どちらも横のボタンを長押ししなければならず、iPhoneを持ち替えたり、両手で操作する必要があるので。

また、音量のアップ/ダウンボタンもiPhoneを自撮り棒やジンバルなんかに固定しているときは押しづらいですよね。

そこで便利なのがiOSに備わっているアクセシビリティ機能の「AssistiveTouch(アシスティブタッチ)」です。これを使うとiPhoneのほとんどの操作を画面タップだけで実行できます。iPadでも同様です。

iOSやiPadOSに備わっているアクセシビリティ機能の「Assistive Touch(アシスティブタッチ)」
AssistiveTouchに4種類の操作ボタンを登録した例

AssistiveTouchの設定方法と使い方はこちらでご確認ください。

iOS タッチのアイコン

タッチ
> AssistiveTouch

他にも背面の3回タップに操作を割り当てる方法もあるけど、それだと何かの拍子に発動し、スクリーンショットが撮られて盗撮を疑われたり再起動がかかっては敵わないので、やはりAssistiveTouchを使うべきでしょう。

また、他にもiOSやiPadOSにはさまざまなアクセシビリティ機能が搭載されているので、良ければこちらもご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です