アクセシビリティ

iOS アクセシビリティのアイコン

アクセシビリティ

iPhone、iPad、MacなどのApple製品にはアクセシビリティ機能が備わっています。

例えば、視覚に障がいをお持ちの方は「VoiceOver(ボイスオーバー)」という補助機能を使って画面を見ずにそれらのデバイスを操作できます。

あるいは、肢体が不自由で画面に触れての操作が難しい方も押しボタンスイッチなどの外部機器を通じてお使いいただけます。

また、加齢などにより小さい文字が読みづらい人は画面を拡大表示したり文字表示を大き目に調整するといいでしょう。

他にも様々な条件を想定した補助機能が用意されています。

補足:

  • アクセシビリティの各機能についてはAppleのWebサイトで公式ガイドが公開されていますが、説明がテキスト主体であっさりしていたり、単体では解りにくいものも含まれるため、補足を交えた資料として本サイト内にまとめました。
  • このサイトではiPhone/iPadにおけるアクセシビリティについてまとめています。
  • このサイトがアクセシビリティのすべてを網羅していないことをご了承ください。これはiPhoneやiPad単体では動作確認やスクリーンショット撮影ができない要素があるためです。例えばスイッチコントロールの一部の機能を使うためには別売の外部機器が必要になります。

ページの先頭に戻る

もくじ

視覚サポート

iOS VoiceOverのアイコン

VoiceOver(ボイスオーバー)

iPhone、iPad、MacなどのApple製品を聴覚を頼りに操作できるようになります。使いこなすには独特の操作方法が必要です。

iOS ズーム機能のアイコン

ズーム機能

画面の一部分を拡大して表示してくれます。

iOS 拡大鏡のアイコン

拡大鏡

カメラと画面を拡大鏡として使えるようになります。

iOS 動作のアイコン

画面表示とテキストサイズ

アイコンの視差効果など、ユーザーインターフェイスの動きを減らせます。

iOS 読み上げコンテンツのアイコン

動作

視差効果をオン/オフできます。

iOS バリアフリー音声ガイドアイコン

読み上げコンテンツ

オンにするとテキストを選択したときに「読み上げ」ボタンが表示されます。

iOS バリアフリー音声ガイドのアイコン

バリアフリー音声ガイド

バリアフリー音声ガイドが利用できる場合、ガイドを自動的に再生します。

身体および動作

iOS タッチのアイコン

タッチ

スワイプやピンチといった画面操作が難しい方に代替の方法を提供します。

iOS スイッチコントロールのアイコン

スイッチコントロール

画面のタッチが困難な方に外部機器を介したiPhone/iPadの操作方法を提供します。

iOS 音声コントロールのアイコン

音声コントロール

音声でiPhone/iPadを操作できます。Siriに似ていますが、Siriとは違って用途はデバイスの操作に限られます。日本語による操作もまだできません。

iOS ホームボタンのアイコン

ホームボタン

ホームボタンが押された時の動作を変更できます。

iOS Apple TV Remoteのアイコン

Apple TV Remote

スワイプジェスチャの代わりにiPhone Apple TV Remoteのボタンを使用できます。

iOSのポインターコントロールのアイコン

ポインタコントロール

ポインタの動作を設定できます。

iOS Apple キーボードのアイコン

キーボード

キーボードの動作を変更できます。

聴覚サポート

iOS ヒアリングデバイスのアイコン

ヒアリングデバイス

補聴器とのペアリングおよび互換性の設定です。

iOS オーディオ/ヴィジュアルのアイコン

オーディオ/ビジュアル

音声をモノラルにしたり、LEDフラッシュ通知を有効にできます。

iOS 標準字幕とバリアフリー字幕のアイコン

標準字幕とバリアフリー字幕

Apple TV Appでビデオコンテンツを再生中に標準字幕やバリアフリー字幕が優先的に表示されるようになります。

一般

iOS アクセスガイドのアイコン

アクセスガイド

使えるアプリを任意の一つに限定します。

アクセシビリティショートカットのアイコン

ショートカット

サイドボタンまたはホームボタンがトリプルクリックされた時に呼び出すアクセシビリティ機能を変更できます。

ページの先頭に戻る