macOS Big Surがデグレード

数日前、macOS Big Surのアップデータが出たので適用したら不具合が出るようになってしまいました。

macOS Big Sur 11.2.2

具体的にはMacBook Airがスリープすると、復帰の際に必ず再起動がかかります。言わばスリープ=シャットダウンのような感じです。そのため毎回使い始めに必ずパスコード入力を求められます。指紋認証に慣れてしまった今となっては面倒ったりゃあらしない。

さっそくAppleにバグレポートは送っておいたけど、いつ直してくれることやら。もしこの個体に特有の現象だったら、ずっと治してもらえないかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です