ワクチン打ちたくない

新型インフルエンザウイルスへのワクチン投与が来月あたりから始まるようです。

新型コロナウイルス向けワクチンのイラスト

でも、打ちたくはないのですよね。理由はワクチンの副反応が怖いとか反ワクチンの思考とかではなく、注射が苦手で…。

私はインフルエンザのワクチンも数十年間打っておらず、それでも未だ罹ったことがないのだけど(実は罹ったけど悪化せず、風邪だと思ってやり過ごしただけかも)、だからって免除ってわけにはいかないでしょうね。無症状のまま他者にうつしてしまう恐れがあるので。

私は医療関係者でも高齢者でもなく基礎疾患もないため順番はかなり先になるから、その数ヶ月間に注射以外の方法が開発されるといいけど、きっと無理ですよね。このワクチンは筋肉注射だし。

でも、私が受けられるようになる頃にはハイリスク層はあらかた接種済みで、かつ集団免疫ができている可能性はあるかも。そう願うばかりです。ほんでもって今秋にも新型コロナはさほど驚異ではなくなると。

ただし、諸外国、とりわけ私が好きなフィリピンやインドネシアなんかは医療水準やキャパの都合から、外国人が入国する際の条件にワクチン接種証明の提示を義務づけかねないかと。そうするとスキューバダイビングなどで行く前には2回とも打っておかざるを得ないか。まあ、観光渡航が再開された後の話だけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です