PCR検査信奉者には困ったもので

新型コロナウイルス禍の今、世の中にはPCR検査の拡充を声高に訴える人がいますよね。私は反対です。優先順位を取り違えていると思います。いや、医療のリソースが無限にあるなら話は変わるけど、残念ながらそうではないのだから。

Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering

ウイルスの蔓延・拡散を極力抑えるのは当然として、最優先事項は「重症患者を死なせないこと」のはず。そのためには医療機関の受け入れ余力が重要です。PCR検査の拡充はそれには役立たないどころか事態を悪化させかねません。

そもそも新型コロナウイルスが引き起こす肺炎は致死性の病の類ではなく、陽性でも発症しない人や発症しても軽症で済む人も大勢いるのに、検査で陽性が出れば隔離せざるを得ないわけで、PCR検査を受けやすくすると「先に見つかった軽症者のせいで後発の重症者が割りを食う」なんて悲惨なことも起こり得ます。

加えて医療関係者のオーバーワークをあてにした緊急体制を見込むのもよろしくなかろうと。

異論があるなら、受診希望者が殺到したり、陽性判定者がわんさか見つかっても医療体制がパンクしない画期的なアイディアをぜひ提示してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です