Microsoftったらもう

30年来のAppleユーザである私はどううもMicrosftの製品やサービスとウマが合わないようです。

最近もXORのWindows版をリリースするべくMicrosoftパートナーのサイトであれこれ設定しようとしたものの、銀行口座の登録でつまづきました。

Microsoftパートナーの設定画面

登録情報は最大48時間で認証されるとのことだけど3日経っても状況進まず。しかもこの画面には登録した銀行口座情報を編集・削除するUIが用意されおらず、修正はもちろん登録ミスを探すことも、口座情報を削除してやり直すこともできません。同じ銀行口座を別名で登録しようとしたら「その銀行口座は登録済みです」だと。

よって自力での解決は諦めてMicrosoftに修正すべき箇所とその方法を訪ねたら、役に立たない情報を返してきました。

そういうところなのですよね。Mirosoftの不可解な点は。Appleに比べてユーザの使い勝手に対する配慮が足らなすぎると。そりゃWindows Phoneも成功しなかったわけです。仕事の道具という側面が強いPCの世界ならともかく、誰もが使うスマホの世界ではそれでは通用しません。

結局、ここでは使う予定がなかった別の銀行口座を登録してみたらすぐさまステータスが「Complete」に変わったので、そちらの口座を使うしかなさそうです。

ひょっとしてMicrosoftのサービスに慣れたWindowsユーザならあっさり解決できるのかもしれないけど、私には無理でした。

願わくばMicrosoftにはもっと緊張感と問題意識を持っていただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です