Windows開発とは厄介なもので

Windows版XORの開発は最終段階で手こずっています。というのもPDF関連のAPI類がMacほど充実していないようで。

Microsoft Windows 10

まあ、しかたないか。かつてのNeXSTEPの流れを組むmacOSは画面すらPDFとして描画しているので、そもそもPDFとの親和性が高いけど、Windowsは違うのだから。

PDFの話ではないけど、確かWindowsは今でもプリンタドライバを変更するとWordやテキストエディタにおいて1ページあたりの行数が変わってしまうのですよね。いい加減、MicrosoftもWindowsをモダンなOSに作り直せばいと思うけど、とんでもないシェアを獲得したばかりに古い機構をいつまでも引きずらざるを得ないのかも。

ならばDTPやWeb制作などMacの方が圧倒的に向いている業種が皆WindowsからMacに乗り換えて住み分けが進めば話は早いのだけど、現実はそうもいきません。

よって、このままXOR Version 1のリリースにこぎつけ、その後でより良い有償ライブラリを導入するなどして改良していくしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です