アオリ搭載XOR for Mac

Windows版に続きMac版にもアオリ機能を搭載してリリースしました。既にダウンロード可能になっています。

XORのアオリ表示

使い方はもちろんWindows版と同じ。アプリを起動して比較するPDFのペアを表示させたらスペースキー2回押下です。見つけた際には赤い四角形の囲みをつけられます。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

透かしとアオリ

XOR for Windows Version 1.2には「アオリ表示」という比較方式が追加されました。

例えば、以下の二つの画像PDFがあり、違いの有無を知りたいとしましよう。

フチ無し

フチあり

この二つを従来のXORで比較するとこうなります。

比較結果

全体がグレー、つまり一見すると同じですね。よく見ると色が変わっている箇所があるものの人の目には判別しづらいかと。

これをアオリ表示させるとこうなります。

XORのアオリ表示

概ね同じだけど、一箇所違うところが見つかるはずです。少なくとも従来の色処理による比較よりは見つけやすくなったかと。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

アオリ表示が要るわけ

XORではPDFを画像として比較し、変化がない箇所はグレー、変化した箇所は赤や青で表示されます。この色処理はアルゴリズムによって行われるため微細な違いはデータ上では差異が発生していても、人の目には認識しづらいという難点がありました。

それを補う手段として採用したのがアオリです。これまでの比較よりも微細な違いを探しやすいかと。

XORのアオリ表示

そしてアオリは差異の自動検出アルゴリズムを盛り込むよりもはるかに安価に実現できる方法でもありました。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

アオリ表示の操作手順

現在ダウンロード可能なXOR for Windows(Version 1.2)には「アオリ表示」の機能が搭載されています。

アオリ表示のための操作手順は以下の通りです。

手順:

アプリを起動して比較したい二つのPDFを選んでください。両PDFが左右に並んで表示されます。

XORの「並列表示」
初期状態は並列表示。両PDFが左右に並んで表示されます。

スペースキーを押すと両ページが重なって表示されます。

XORの「透かし表示」
「透かし表示」です。色処理され、差異があれば赤または青で表示されます。

更にスペースキーを押すとアオリ表示になります。

XORの「アオリ表示」
アオリ表示。差異があれば瞬くように表示されます。

そこから更にスペースキーを押すと並列表示に戻ります。つまり以下のトグルです。

並列表示 → 透かし表示 → アオリ表示 → 並列表示…

ちなみに並列表示の状態でスペースキーを素早く2回押せば、いきなりアオリ表示に切り替わります。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

要るのは解ってるけど

XORにはまだ最小限の機能しかありません。これはひとえに予算的な理由です。開発費さえあれば搭載したい機能案がたくさんあります。

例えば以下の様なPDFがあったとします。

比較したいPDFペアの例
クリックで拡大表示

太字のリード文が1行から2行に増えていますよね。

その二つをXORで比較した際の表示はこちら。

XORによるPDF比較結果の例
クリックで拡大表示

リード文の二行目が赤くなるのは当然として、それ以降の全体も赤や青で表示されています。これでは1行追加されただけなのか、それともテキストにも何か変化が生じているのかの判別がつきません。

そこでこれらを的確に比較する機能を追加したいとは思っています。サブスクリプションの契約数がもっと伸びれば実現できるでしょう。