XORのBig Sur対応具合

一昨日、macOS Big Surがリリースされたので早速MacBook Airにクリアインストール。TimeMachineからのデータ復旧も合わせて3時間弱の作業でした。

macOS 11.0 Big Sur

で、肝心のXORの対応具合はというと、特に問題もなく動作しています。よってこのWebサイトの対応OSにBig Surも加えました

さて、そのBig Sur、バージョンナンバーが10.16ではなく11.0になったことでもわかるように中身が大きく変わった割に、とても上手く動作している印象です。歴代のmacOSの中でも、最初のバージョンが最も安定しているのではないかと思うぐらいに。Catalinaではボロボロだった日本語入力時の変換(誤変換が多発していた)もまた安定するようになりました。その点だけをとってもアップグレードを急ぐ価値があります。

よって見つけた問題は今のところ一つだけ。私のMacBookではスリープ状態から回復した際に外付けディスプレイを認識しません。ケーブルの抜き差しやモニタのON/OFFでも治らないものの再起動するとまた認識するので、遠からずアップデートで解消されるでしょう。

これでBig Surとの互換性は確認できました。次はApple M1チップを搭載したMacとの互換性確認です。まあ、こちらは来週発売開始だし、広く普及し始めるのもまだ先なので追い追いってことでいいかと。AppleはCPUのアーキテクチャ移行に長けているので、きっと問題は出ないのではなかろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です