直販モデルの最大ネック

XORの提供はMac App StoreとMicrosoft Storeにおけるダウンロード、サブスクリプションのみで、他の販路はありません。この方式はコスト面で有利な反面、デメリットもあります。それは「商社の力を借りられない」です。

印刷業者の中には機材やアプリ類を商社を通じて調達している企業が多々あります。でも、XORはダウンロードによる直販なので、商社を介在させようにも成功報酬のバックマージンをお支払いできません。クライアント企業にXORをお勧めいただいたとしても、どの新規契約が商社のご尽力によるものなのか見分けがつかないからです。仮にクーポンか何かで追跡できたとしても、そのユーザが試用期間中に解約するかもしれないし、そもそもXORは1本あたり月額2,000円。商社は百円かそこらのバックマージンのために動いてくれませんよね。

とはいえ、商社に取り扱ってもらうべく物理的なパッケージを作るとなると、そのためのコストはもちろん、コピープロテクト(ドングル方式?)が必要になり、在庫管理やユーザ登録管理の手間隙も発生します。正直、体力的に無理です。それに、ドングルを採用すれば「いつでも使える」というコンセプトも崩れます。

よって今後も商社に頼れず、地道に周知活動を行って少しずつサブスク契約者を増やしていくしかなさそうです。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です