ヒアリングデバイス

iOS ヒアリングデバイスのアイコン

ヒアリングデバイス

このWebページではアクセシビリティ機能の「ヒアリングデバイス(Hearing Devices)」を紹介します。

ヒアリングデバイスでは補聴器をiPhone/iPadと一緒にを使うときの設定ができます。

補足:

この手引きはiOS 13に基づいて書いています。異なるバージョンやiPad OSでは細かいところが違っているかもしれません。

ページの先頭に戻る

1. 設定画面

iOSの設定アプリ

「設定」アプリで「アクセシビリティ」>「ヒアリングデバイス」と選択すると設定画面が表示されます。

IMFヒアリングデバイス

Bluetooth接続の補聴器を自動的に探します。

  • iPhoneの設定:IMFヒアリングデバイス
    IMFヒアリングデバイスをオン
補聴器の互換性

一部の補聴器の音質を改善します。

  • iPhoneの設定:補聴器の互換性
    補聴器の互換性をオン

補足:

「補聴器の互換性」と「電話ノイズキャンセリング」は同時に使用できません。どちらかを有効にすると、もう片方は無効になります。

ページの先頭に戻る