読み上げコンテンツ

iOS バリアフリー音声ガイドアイコン

読み上げコンテンツ

このWebページではアクセシビリティ機能の「読み上げコンテンツ(Spoken Content)」を紹介します。

補足:

この手引きはiOS 13に基づいて書いています。異なるバージョンやiPad OSでは細かいところが違っているかもしれません。

ページの先頭に戻る

1. 設定画面を表示する

iOSの設定アプリ
「設定」アプリで「アクセシビリティ」>「読み上げコンテンツ」と選択すると各種設定項目が表示されます。

ページの先頭に戻る

2. 各種設定

1)選択項目の読み上げ

オンにするとテキストを選択したときに表示される吹き出しの中に「読み上げ」ボタンが現れます。

  • iOSの読み上げオフ
    オフ
  • iOSの読み上げオン
    オン

2)画面の読み上げ

オンにすると画面の上端から指二本で下にスワイプしたときに画面の内容を読み上げます。

3)読み上げコントローラ

「画面の読み上げ」をオンにすると読み上げコントローラの設定項目が現れます。

読み上げコントローラをオンにすると読み上げコントローラのボタンが画面のどこかに現れます。このボタンはドラッグで移動できます。

読み上げコントローラボタン

読み上げコントローラのボタンをタップするとコントローラが展開され、各種のボタンで読み上げを調整できます。

  • 読み上げコントローラ
    読み上げコントローラ
読み上げの指アイコン
タップするとその箇所のテキストが読み上げられます。
読み上げの巻き戻し
タップすると少し前のテキストに戻って読み上げられます。
読み上げの再生アイコン
タップすると読み上げが始まります。
読み上げの早送り
タップすると少し先のテキストが読み上げられます。
読み上げの倍速
タップするごとに再生の速度が切り替わります。

補足:

例えばSafariでニュースサイトの記事を読み上げさせる場合、読み上げの再生アイコンのタップで再生を始めるとヘッダから順番に読み上げられてしまいます。そこで読み上げの指アイコンをタップしてからニュースのタイトルをタップするといいでしょう。タイトルが読み上げられた後に読み上げの再生アイコンをタップすれば続く本文が読み上げられます。

4)内容を強調表示

オンにすると読み上げ中のテキストがアンダーラインかハイライトで強調されます。

  • 読み上げ-内容を強調表示の設定
    内容を強調表示をオン

強調する範囲、アンダーライン or ハイライト、単語や分の色は変更できます。

5)入力フィードバック

調査中

進捗インジケーター

6)声

読み上げる声を変更できます。日本語の場合、以下の4通りの声が選べます。

  • Kyoko
  • Otoya
  • Siri(女性)
  • Siri(男性)

7)読み上げ速度

読み上げの速度をスライド操作で調整できます。

  • iPhoneの設定:読み上げの調整スライダ
    カメのボタンのタップで最低速度、ウサギのボタンのタップで最高速度になります。

8)読みかた

読み上げ辞書を定義できます。

例えば「辺野古」という沖縄の地名は初期設定のままだと「へんのいにしえ」と読み上げられますが、「へのこ」という読みかたを割り当てれば正しく読み上げられるようになります。

  • iOSの読み方登録
    「+」をタップすると次の画面で読みかたの定義を追加できます。

補足:

「羽生」という苗字を「はぶ」と「はにゅう」のどちらで読むかは読みかたの登録次第なので、有名な棋士を「はにゅう」、同じくフィギュアスケート選手を「はぶ」と呼んでしまうかもしれません。

ページの先頭に戻る