透かしとアオリ

XOR for Windows Version 1.2には「アオリ表示」という比較方式が追加されました。

例えば、以下の二つの画像PDFがあり、違いの有無を知りたいとしましよう。

フチ無し

フチあり

この二つを従来のXORで比較するとこうなります。

比較結果

全体がグレー、つまり一見すると同じですね。よく見ると色が変わっている箇所があるものの人の目には判別しづらいかと。

これをアオリ表示させるとこうなります。

XORのアオリ表示

概ね同じだけど、一箇所違うところが見つかるはずです。少なくとも従来の色処理による比較よりは見つけやすくなったかと。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

アオリ表示が要るわけ

XORではPDFを画像として比較し、変化がない箇所はグレー、変化した箇所は赤や青で表示されます。この色処理はアルゴリズムによって行われるため微細な違いはデータ上では差異が発生していても、人の目には認識しづらいという難点がありました。

それを補う手段として採用したのがアオリです。これまでの比較よりも微細な違いを探しやすいかと。

XORのアオリ表示

そしてアオリは差異の自動検出アルゴリズムを盛り込むよりもはるかに安価に実現できる方法でもありました。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

アオリ表示の操作手順

現在ダウンロード可能なXOR for Windows(Version 1.2)には「アオリ表示」の機能が搭載されています。

アオリ表示のための操作手順は以下の通りです。

手順:

アプリを起動して比較したい二つのPDFを選んでください。両PDFが左右に並んで表示されます。

XORの「並列表示」
初期状態は並列表示。両PDFが左右に並んで表示されます。

スペースキーを押すと両ページが重なって表示されます。

XORの「透かし表示」
「透かし表示」です。色処理され、差異があれば赤または青で表示されます。

更にスペースキーを押すとアオリ表示になります。

XORの「アオリ表示」
アオリ表示。差異があれば瞬くように表示されます。

そこから更にスペースキーを押すと並列表示に戻ります。つまり以下のトグルです。

並列表示 → 透かし表示 → アオリ表示 → 並列表示…

ちなみに並列表示の状態でスペースキーを素早く2回押せば、いきなりアオリ表示に切り替わります。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

アオリ上でもマーキングできます

XORではPDFのページを重ねて比較し、見つけた変更箇所には手動で囲みのマーキングを、あるいは変更がない箇所にマスクを付けられます。

そしてこの囲みとマスクはアオリ表示でも使えます。

XORのアオリ表示中のマーキング

もちろんこの囲みはPDFに書き出した際にも反映されます。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

アオリ表示を追加!

ついに緊急事態宣言が発令されました。改めて在宅勤務が推奨され外出自粛が強く求められます。ならば印刷業界でもテレワークが普及するのでしょうか。スーパーのチラシの類は自粛が求められているらしいけど。「食品などの買い占めを促さないように」と。

さて、このたびXOR for Windows Version 1.2をリリースしました。新機能は「アオリ表示」です。

使い方は例によってシンプル。アプリを起動して比較したい二つのPDFを指定し、両ページが並んで表示されたらスペースキーを二回押下です。するとこの通り、違いの箇所が瞬くように表示されます。

XORのアオリ表示

まあ、他社製のPDF比較アプリをお使いの方にはお馴染みの機能かもしれません。そう、アオリは特に革新的ではないものの、それはXOR自体がそうだから。XORの基本コンセプトは「最小限の機能だけを少コストで提供する」というもの。今回はその最小限の基準を少しだけ上げた感じですね。

なお、Mac版に関しては近日中に同じ機能を搭載予定です。今しばらくお待ちください。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge