XOR for Windowsの必要性

XOR for Windowsを先日、Microsoft Storeでリリースしました。

App icon of the XOR

Microsoft Store Badge

私はかつて横浜と千代田区の大手ドキュメント制作会社で勤務したことがあります。どちらの会社も主に取扱説明書類の受託制作を行っていたのですが、作業環境はWindowsが主流でした。

ドキュメント制作の用途ではWindowsはMacよりも不向きなのにWindows一色になったのは、Appleがかつて経営危機に陥ったことに加え、調達のしやすさやクライアント企業との付き合い上の理由が大きいのでしょう。「御社の系列の販社からPCを購入しますので、取説のお仕事依頼は弊社にお願いします」といった経緯もあったと推測します。

よって本当はMac版よりも先にWindows版をリリースすべきだったのだけど、私と開発担当者が共にMacユーザーだったことと、Mac版を先にした方がUIの設計等で有利に思えたため、Windows版が後になりました。何しろMac版をもっと早くリリースできると見込んでいたもので。結局、当初の計画よりも半年ほど遅れてしまったのですが。現実はなかなかうまく運ばないものですね。

Windows版で書き出したPDFについて

Windows版のXORから書き出した比較結果のPDFをAcrobatで開き、閉じようとすると変更箇所がなくても「保存しますか?」というメッセージが表示されます。

Alart-of-Acrobat-Reader

これはPDFが何かしら不完全だからだと思われますが、実用には耐えるのでリリースを優先しました。

本件はXOR for Windowsの次のバージョンで修正する予定です。

Mac版のXORに致命的な障害発生

本日、Mac版XORのサブスクリプション契約において、致命的な障害が発生していることが判りました。

具体的には1ヶ月の試用期間終了後、「月間サブスクリプション」ボタンをクリックしてサブスクリプションの開始手続きを行っても、アプリを使用できるようにならないというものです。

XOR Subscription dialog
手続きを行ってもこのダイアログが表示されてしまいます。「購入を復元」も正しく機能しないようです

該当の問題に直面されたユーザ様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

早急に原因を究明してアップデートをリリースできるよう努めます。

FROGFISH.JP代表 與賀田孔明(よがたみちあき)

Windows 7対応のXORは?

XOR for Windowsの対応OSはWindows 10のみで、Windows 7はサポートしません。これはWindows 7がMicrosoft Storeに非対応なためです。

また、現在のMicrosoft StoreではWindows 8および8.1向けのアプリは登録できないので必然的にWindows 10オンリーのアプリとなっています。

なお、私が昨年まで在籍してた某大手ドキュメント制作会社では「いまだにPCがWindows 7なのでXORを導入できる状況ではない」とのこと。それでも、かなり古いPCを使い続けているので遠からずそれらが寿命を迎え、チビチビとWindows 10機に置き換わっていくとは思いますが。

もっとも私がいた部署では最高峰ツールであるProof Checker Proを導入済みだったのでXORは不要かもしれないけど。

ただし、大手の社員であっても在宅勤務だったり、あるいは大手と取引のある下請けのフリーランスの製作者などにはXORがフィットすると思います。月額2,000円というサブスクリプション費は一見余計な出費に思えても、導入して得られる時短や品質確保の効果を踏まえれば軽くペイする額でしょう。

App icon of the XOR

  • Download_on_the_Mac_App_Store_Badge_ja
  • Microsoft Store Badge